生理の日を快適にしてくれる私的おすすめアイテム13選

最近は日本でもフェムテック業界の発展により、生理についてオープンに語り合える雰囲気になってきましたね。

私が10代の頃は「生理」というワードを口にすることがなぜか恥ずかしいと思っていました。家族や友人にも、生理については話しづらくて一人で悩んでいたこともあったな〜。

こういった時代の流れは、女性たちが自分自身のカラダに向き合って考えるキッカケになってくれるているはず。私も、数年前と比べて女性のヘルス問題について意識するようになり、自分で調べたり積極的に取り入れるようになりました。

そこで、今回は生理の日を快適にしてくれるおすすめのアイテムをご紹介します!


生理ナプキン

ソフィ はだおもい オーガニックコットン

デリケートゾーンは経皮吸収率が高いことを知ってから、オーガニックコットンの生理ナプキンを使うようになりました。今のところ、「ソフィのはだおもい オーガニックコットン」はドラッグストアでも購入できる一番身近なオーガニックナプキンです。

肌に直接触れる面の上層には100%オーガニックコットンを使用し、表面を凹凸加工にすることで肌への負担を減らしています。このおかげで、長時間つけていてもムレやかゆみなどの肌トラブルを感じることがなく快適

日本の生理用品によくある派手な装飾・色使いではなく、シンプルなデザインも好印象です。

 


 

Sisi Fille サニタリーパッド

セルフケアアイテムを取り扱うセレクトショップで出会った「Sisi Fille(シシフィーユ)」。オーガニックコットンを使用したライフスタイルプロダクトブランドで、自分をケアすることの大切さを感じてほしいという想いから生まれたそうです。

直接肌に触れるトップシートにはフェアトレードのタンザニア産オーガニックコットンを使用しています。体を冷やすと言われている”吸収性ポリマー”は不使用。木材パルプのみ使用しているため、体を冷やす心配もありません。

合成繊維にはない、ふかふかとした優しい肌触りがとにかく心地良い…!つけていることを忘れてしまうほど快適です。

 


 

ナトラケア オーガニックナプキン ふつうの日用

コスメキッチンやアイハーブでも取り扱っている「ナトラケア」。1989年に世界初のオーガニックコットンナプキンのメーカーとしてイギリスで誕生しました。生分解可能でサステナブルな素材のみを使用したエコなブランドです。

オーガニックコットン100%で石油由来の化学繊維も不使用。高分子吸収剤、プラスチック、香料フリーである上に無塩素漂白なので安心して使うことができます。

ふつうの日用は、極薄なシートでありながら吸収力が高いので、外出時など携帯用としておすすめ。スリムなのでポーチに入れてもかさばらないのが良いです。
 


 

サニタリーショーツ

emily week Organic Cotton ボーイレッグサニタリー

ベイクルーズグループが展開する「emily week」は、女性の4習慣のバイオリズムに寄り添った新たなライフデザインを提案するブランド。

生理期間中を快適に過ごすために使い始めたのが、「emily week」の「ボーイレッグサニタリー」。ゴムの締め付けやムレがなく、着心地が良いんです。
 

人と環境に優しいオーガニックコットンと言われている「bioRe COTTON(ビオリコットン)」を使用しており、柔らかくて伸びが良く快適なサニタリーショーツです。

安定した履き心地のため、ウエスト部分にはソフトなゴムを使用。そけい部を締めつけないよう、脚口にゴムを使用しないデザインになっています。湿気を逃してくれる透湿防水布が使われているので、履いていてもムレにくい仕様になっています。

正直、今まで使っていたサニタリーショーツとは比べ物にならない心地良さです。少しお値段はしますが、これは買って大正解だったなと思います。生理期間中は何より、ショーツの快適さが一番重要ですね!!
 

デリケートゾーンコスメ

アルジタル デリケートハイジーンソープ

デリケートゾーンは外部からの菌の侵入を防ぐため、顔や体の皮膚よりもpH値が酸性になるそう。トラブルが起きると、pH値のバランスが崩れて自浄作用が低下してしまいます。なので、デリケートゾーン用のソープできちんと洗い流してあげることが大切です。

コスメキッチンでも購入可能なアルジタルの「デリケートハイジーンソープ」は、スーッとした爽快感が好きでリピしているアイテム。グリーンクレイが含まれているため、肌の潤いを保ちながら優しく洗い流してくれます。生理中の不快感も取り除いてくれますよ。
 


 

Waphytonのインティメイト ウォッシュ

日本初の植物バイオテクノロジーブランド「Waphyto(ワフィト)」のデリケートゾーン専用ウォッシュ。ブランドを立ち上げた森田敦子さんは植物療法の第一人者。デリケートゾーンのケアに精通しており、本も出版されています。

そんな森田さんが手掛けたインティメイトウォッシュは、水のようにさらっとしておりマイルドで柔らかい泡立ちです。使うたびにバスルームに優しい精油の香りが広がり癒されます。
 

THREE ピュリファイングインティメイトウォッシュ

なんと、THREEからもデリケートゾーン用の商品が発売されています。こちらはリキッドタイプのソープ。肌と同じ弱酸性なので優しくケアできるアイテム。気分に合わせてアルジタルと使い分けています。

アルジタルよりもリキッド感の強いテクスチャー。精油と植物エキスが配合されているので、すっきり爽やかな使用感です。バスルームに爽快感のあるアロマの香りが広がって癒し効果もあり。

スタイリッシュでミニマルなボトルなので、シンプル好きな方におすすめ。
 


 

THREE ピュリファイングインティメイトミスト

同じくTHREEから発売されているデリケートゾーン用のミスト。使い方は、ティッシュに2〜3プッシュふきかけて優しく拭き取るだけ。汗・ニオイのもとを取り除き、清潔な状態にしてくれます。精油とボタニカルウォーター、植物エキス配合。爽やかな清涼感のある香りで、気持ちまでリフレッシュできます。スリムなボトルなので携帯用としても使えて便利ですよ!
 


 

冷えとりグッズ

シルクふぁみりぃ マリーコットンシルク腹巻

生理中は冷えやすいので、身体を温めるように心がけています。特にお腹周りは冷えると生理痛が重くなるので腹巻きをして温めます。

「シルクふぁみりぃ」のシルク腹巻きは、肌触りが柔らかくて心地よい。こんなに手触りの良い腹巻きがあるんだ!と感動しました。伸縮性に優れているので、フィット感もパーフェクト。お腹からお尻まですっぽりと包み込んで温めてくれます。

 


 

プリスティン おやすみソックス

足先がすぐ冷えてしまうのでソックスも必須です。「プリスティン」の「おやすみソックス」は、オーガニックコットンで作られていてふかふか。ルーズタイプで足首にゆとりがあるので、楽に脱ぐことができるのも良い。足元が冷えても、このソックスを履くだけですぐ温かくなるので愛用しています。
 


 

癒しアイテム

ゾネントア ハーブティー

ハーブティーは気持ちを落ち着かせてくれる効果があるので、いつも数種類を常備しています。特にお気に入りなのは、コスメキッチンで購入したゾネントアのハーブティー。「ヒルデガルトのお茶アソート」は、5種類が1箱に入ったセットです。

丁寧に摘みとった高品質のハーブのみを使用し、農薬や化学肥料を使わないビオダイナミック農法による栽培で作られています。月のリズムに合わせて収穫を行っているそう。

ホッと安心感のある優しい味で癒されます。ノンカフェインなので、寝る前に飲んでもOK。すっきりとした後味なので、飲みやすいハーブティーです。
 


 

ZIZIA Relax Tincture

アメリカのセレクトショップで購入した「ZIZIA」というブランドの「Relax Tincture」。日本だと “チンキ” と呼ばれているもので、アルコールで生薬やハーブの有効成分を抽出したエキスのことを言います。アメリカやヨーロッパではドラッグストアでも売られている身近な存在だそう。インナーケアとしてよく使われています。

私が購入した「Relax Tincture」は名前の通り、気持ちを落ち着かせる効果をもたらしてくれます。スポイドでエキスを吸い取り、そのまま口に含んだり、水や飲み物に溶かして取り入れます。少し甘みはありますが、薬草の苦味が強いです。決して美味しいものではありませんが、これを飲むと生理中のイライラや情緒不安定な気持ちが自然と落ち着いてくるので不思議。

薬に頼り過ぎず、できるだけ自然な方法で治癒したいタイプなので、その選択肢の一つとしてこのハーブチンキを取り入れています。

 

まとめ

今回は生理の日を快適にしてくれる私的おすすめアイテムをご紹介しました。気になるものがあれば、皆さんもぜひ試してみてくださいね!