香港・庶民派マッサージ店「健之寶」へ行った感想。激痛なのになぜかハマる…!?

先日の香港で私たちが、食べ物と同じくらい楽しみにしていたものといえば、マッサージです!

せっかく香港に行くんだし、「癒し」も堪能したい!ということで、地元っ子はもちろん、日本からも常連客が多いという人気のマッサージ店、「健之寶(Kin Chi Bo)」に行ってみることにしました。

ネットの口コミは高評価

まずはいつものようにリサーチ。インターネットやSNSを駆使して、口コミの高いお店を洗い出し。

そこでいくつか出てきた候補の中で、私たちが気になったのが、今回訪れることになった「健之寶」でした。ボディ&足裏の2時間コースがなんと日本円でおよそ、6000円ほど。(1時間だけだとHKD250でやってくれます。)信じられないお手頃価格です。

しかも、ネットでの口コミは非常に高く「4年ほど通っている」とか「ここに行くために香港旅行を計画している」とかもうどんどん私たちの「行きたい欲」を掻き立てるような口コミばかり。これは期待も高まります。
 

人気は陳先生

「健之寶」は、もともと大陸のリハビリ病院で副委員長を勤めていた経験を持つ陳先生という方がやっているマッサージ店で、指一本触れただけで、弱っている部分を言い当てる、その確かな技術に定評があるそうです。なので、陳先生目当てでやってくるお客さんがとても多いみたいですよ。

 

おばちゃんたちの腕も相当だった・・・

電話予約で陳先生を指名し忘れた私たちは、残念ながら陳先生ではなくちょっと無愛想なおばちゃんスタッフに施術してもらうことに。

まずこのおばちゃんたち、腕の筋肉がものすごい。アスリート並みです。

そのムキムキな腕にビビっている暇などなくベッドに寝かされマッサージは始まりました。ここからはもう激痛との戦いです。もう一回言います、激痛との戦いです。

あの立派な腕で、容赦無くツボをゴリゴリと押してくる(しかも一切外さない!)ので、私たちは歯を食いしばってこらえるのに必死。「もうちょっと弱く!!」と言っても理解してもらえず(泣)今まで聞いたこともない「ゴリゴリ」という音まで聞こえてくるし、もう泣きたいくらいでした。

 

だけどなぜか、終わった後は体が軽い

そんなこんなで、ほぼ拷問に近い激痛マッサージに耐えること1時間。一睡もできなかったマッサージ体験は今回が初めてです。

最後のヘッドマッサージもまた手荒で、髪の毛もぐっちゃぐちゃ。隣のベッドをちらっと見てみると、同じく髪の乱れた妹が無心状態で座っていてちょっと笑ってしまいました。想像していた「癒し」体験とは正反対でしたが、終わった後たくさんお水を飲んで外に出ると、なんだか体が軽い・・・!!

というわけで、予想外のマッサージ体験をすることになりましたが、あとあと考えるとこちらのマッサージ店は、そもそも「癒し」を求める場所ではなく、「治療」目的で行く場所だと思っていくのが正解だったのかもせれません。

マッサージ中は、「もう絶対来ない!」と思っていたのに、今はまたちょっと行ってみたいかも、と思っているから不思議。

ネットでは良い口コミも多数あるので、香港に旅行にご旅行の際は、一度足を運んでみては?

関連記事:「キャセイのCAさんも通う、湾仔の激安マッサージ「足沐坊」に行ってきました
 

 

ABOUTこの記事をかいた人

Mayuko

1991年生まれ。大学卒業後ニューヨークに留学中にKaekoとHEY SISTERを立ち上げ、ライター活動を開始。帰国後は当サイトを運営する傍らフリーランスライターとしてファッション、ビューティー系媒体で翻訳や寄稿を行う。海外のコスメ集めが趣味。