我が家の定番、絶品餃子のレシピ。(ついでに水餃子も!)

こんにちは!餃子作りを極めすぎて家族から “餃子職人” と呼ばれているMayukoです。今回は我が家で大人気の餃子レシピをご紹介。

うちで餃子を作るときはいつもクックパッドの「絶品餃子 by 栄養士のれしぴ」をベースに材料や焼き方を自分好みにアレンジしています。私的こだわりポイントはブロック肉をミンチにすることと、成城石井の生餃子皮を使うこと。

材料

豚バラ : 150g
豚ロース : 100g
キャベツ : 140g
にら : 1/3束
長ねぎ : 1/2本

調味料
にんにくすりおろし : 1かけ
しょうがすりおろし : にんにくと同量
酒 : 大さじ2
ごま油 : 大さじ1
醤油 : 小さじ1
鶏がらスープのもと : 小さじ1
砂糖 : 少々
塩こしょう : 少々

餃子の皮 40枚

 

作り方

1. 豚バラと豚ロースは細かく刻んでからフードプロセッサーでミンチ状にする。市販の挽き肉でも可能ですが、少し手間でもブロック肉をミンチにした方が格段にジューシーさがアップします。

 
2. ミンチ肉に調味料とみじん切りにしたキャベツ、にら、長ネギを加えて混ぜる。(お好みでマイタケやパクチー、キムチなどを入れても美味しい。)

 
3. 餃子の皮に餡をのせて包んでいく。餃子の皮は成城石井で売っている生餃子皮がオススメ。皮が厚く大きめなので具材をたっぷり入れられて包みやすい。しかも添加物不使用でモッチモチ。この皮に出会ってからはもう他の皮は使えない!

 
4. フライパンに油をひき餃子を並べてから火をつける。餃子の底面に焼き色がついたらお湯を加えて(餃子が2/3浸かるくらい)フタをして3分30秒強火で蒸し焼きにする。お湯が蒸発したらごま油を素早くまわしかけ焼き目がついたら皿に盛る。

 
外はパリッと中はジューシーな焼き餃子の完成です!

 
タレは2種類用意します。一つ目は醤油、みりん、酢、ごま油、ラー油を混ぜ合わせたもの。もう一つは酢こしょうでさっぱりと。削ったレモンの皮も加えるとなお良し。

 
水餃子は帽子型に。鍋にお湯を沸かして餃子を投入し、浮いてきたら2~3分ほど皮が半透明になってくるまで茹でる。タレにつけても良いし、スープに入れて〆にしても◎。

 

最後にひとこと

Mayuko
成城石井の餃子の皮は分厚い・大きい・モチモチの三拍子で本当にオススメ。スーパーで売られているものだと東急のオリジナルの皮が良かったです。今度は皮も手作りしてみたいな。
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

Mayuko

1991年生まれ。大学卒業後ニューヨークに留学中にKaekoとHEY SISTERを立ち上げ、ライター活動を開始。帰国後は当サイトを運営する傍らフリーランスライターとしてファッション、ビューティー系媒体で翻訳や寄稿を行う。海外のビューティーブランドを試すのが趣味。スキンケアオタク。