GLAD MAPO(グラッド 麻浦)の宿泊レビュー。駅直結 & 周辺グルメも充実!

今回の韓国ソウル旅では、以前韓国版Wマガジンのホットなホテル特集でも紹介されており気になっていた麻浦地区のGLAD MAPO(グラッド 麻浦)に宿泊しました。

2018年4月にオープンしたばかりの比較的新しいホテルで、地下鉄の孔徳駅からは徒歩圏内、周辺には多くの飲食店が集結する好立地。お部屋も心地良くかなりコスパの高いホテルでした。

今回の記事では、GLAD MAPOの基本情報から客室の様子、実際に宿泊してみた感想を口コミレビューしたいと思います!

GLAD MAPO(グラッド 麻浦)の基本情報

  • 1泊平均価格 : 7000円〜1,2000円
  • 客室数 : 378 部屋
  • 清潔さ:綺麗
  • 利便性:良い(駅近・周辺に飲食店やドラッグストアがある)
  • 禁煙:全館禁煙
  • Wi-Fi:あり(普通に快適)
  • ユニバーサルコンセント:あり(USBポートもあり)
  • オートロック:あり
  • チェックイン: 15:00
  • チェックアウト: 12:00

 

GLAD MAPOの場所・アクセス

GLAD MAPOは地下鉄の孔徳 (コンドク)駅からスグ(もはや直結レベル!)という好立地。私たちは今回初めて仁川空港からホテルまで地下鉄を利用しましたが、駅近だしエレベーターもあるしで全く困ることなくスムーズにたどり着くことができました。
 

ホテルのエントランスを出ると、目の前に孔徳(コンドク)駅の9番出口が!
 

ロビー

レセプションは9階。チェックインは15時からです。日本語が話せるスタッフは見当たりませんでしたが、英語が堪能な方は多い印象でした。チェックインはあっという間。
 

ロビーはシックで落ち着いた雰囲気。
 

ロビー階には午前8時から深夜2時まで営業しているセブンイレブンがあります。その前には両替機も。
 

現地でちょっと調べ物をしたい時に便利なPCルームもあります。パソコンは全てアップル社のもの。その他、9階にはフィットネスジムやレストランもありました。
 

客室

今回はシングルベッドが2台の「デラックスルーム」に宿泊。デザイン性と機能性のどちらも兼ね備えており、快適なホテルステイを実現してくれました。
 

ドアを開けてすぐのスペースはクローゼットになっています。クローゼットというか、ハンガーラックとソファがセットになった場所という感じですね。こうした限られたスペースを有効活用した設計はナイスだな〜と思いました。小さめのスーツケースを広げて置くこともできるし、出かける前に座って靴を履くのにも便利。
 

クローゼットの横にはミニバー。ペットボトルのお水は無料でもらえます。毎日お部屋の清掃時に補充してくれますよ。
 

シングルベッドは若干狭めですが、ふかふかで寝心地良かったです。お部屋は2人でちょうど良い広さ。テレビの下にはスーツケースを広げて置くのに十分なスペースがありました。
 

ベッドサイドにはコンセントがないので「不便だな〜」と思っていたら、電話機の横にUSBポートを発見!充電速度は遅いですが、ここでスマホやポケットWifiを充電することができました。
 

日本のコンセントも挿せるので、GLAD MAPOなら変換プラグは必要なし

デスクにはコンセントが2つ、HDMIポート、有線LAN、USBポートが各1つずつあります。コンセントはユニバーサルタイプなので、日本のコンセントも変換プラグなしでも使用することができました。
 

窓際に置かれたソファとサイドテーブルが洒落てる

バスルームは白で統一されていて清潔感があります。このクラスのホテルにしては広々している方だと思います。朝2人で洗面台の前に立って身支度しても全く狭くありませでした。
 

シャワーのみのお部屋もあるそうですが、今回はバスタブ付きでした。ここでシャワーを浴びると床が水浸しになるのでバスマットは少し離れたところに置くのがオススメ。
 

アメニティーは韓国のビューティーブランド「BEAUDIANI」とのコラボ。シートマスク素材の企業が立ち上げたブランドなので、アメニティーの中にクレンジングパッドがあったのが嬉しい!滞在中にシャンプーとコンディショナーを使ってみましたが、サラサラになりました。

アメニティーには歯ブラシがついていないので、持参するか近くのオリーブヤンで購入してくださいね。
 

GLAD MAPO ホテル周辺情報

ホテルの周辺には多くの飲食店やカフェ、お店があります。

以下に、私たちが事前に調べていたお店や人気の食べ物やさんをいくつかリストアップしておきますね!
 

  • ボールが浮かんでいるようなカップにコーヒーを淹れてくれる「GROTTO COFFEE(그로토)
  • コーヒーとスコーンが美味しい「understated&company(언더스테이티드)
  • 500円の手打ちジャージャー麺「シンソンガク(신성각)」
  • キムチチゲが有名な「クルタリ食堂(굴다리식당)」
  • ドラッグストアの「Olive Young」
  • 化学添加物や保存料不使用のパン屋「PANET」
  • トッポギ鍋のお店「コッキリブンシク(마포 코끼리분식)」
  • 絶品トッポギのお店「マポウォンジョトッポッキ(마포원조떡볶이)」

 

まとめ

今回宿泊したGLAD Mapoは、利便性の良さと機能的で快適なお部屋が魅力的なホテルでした。江南エリアまでは電車で30分ほどかかりますが、弘大までは約4分、明洞までは約19分で行けますし、周辺には飲食店やドラッグストアも多くあり非常に便利です。「利便性が良くて綺麗な部屋に宿泊したい」「コスパの良いホテルが良い」「ホテル周辺でも美味しいものを食べたい」という人にはおすすめのホテル。またソウルに行くことがあればぜひ泊まりたいです。
 
関連記事:「安くておしゃれ!韓国ソウルで絶対泊まりたいホテル11選。
 

 

ABOUTこの記事をかいた人

Mayuko

1991年生まれ。大学卒業後ニューヨーク留学中にKaekoとHEY SISTERを立ち上げ、ライター活動を開始。帰国後は当サイトを運営する傍らフリーランスライターとしてファッション、ビューティー系媒体で翻訳や寄稿を行う。海外のビューティーブランドを試すのが趣味。最近興味があることは、サステイナビリティとセルフケア。