CANMAKEとYSLのリップティントが似てるって本当?実際に比較してみた!

Webp.net-gifmaker

こんにちは、美容オタクのKaekoです。最近ネットでコスメやビューティートレンドに関するリサーチをしていると、「プチプラとデパコスで似ているコスメがある」というのをよく見かけます。
 
実際のところ、プチプラとデパコスではやっぱり金額に差もあるし、はっきりと違いが出るんじゃないか!?と口コミを見ながら勝手に仮説を立てていた私。
 
今回、ふと思い立って、プチプラVSデパコス検証をやってみることにしました。

 

比較するのは、CANMAKEとYSLのリップティント

hikaku-6

私が今回比較材料として選んだのは、口コミでもかなり「似ている」という声の多かった、YSLとCANMAKEのリップティントです。詳細は以下になります。
 
プチプラ:CANMAKEのリップティントシロップ 02
価格:650円(税抜)
 
デパコス:イブサンローランのヴォリュプテ ティントインオイル 15
価格:3800円(税抜)
 

差額はなんと、、、3150円!!!
 
これだけ差があると、やはり見た目にも差が出るのでは!?と気になりますよね!

 

見た目や使い心地に差はあるのか!?

hikaku-8

では実際に細かく比べていきたいと思います。(写真左:CANMAKE / 右:YSL)
 

質感:

YSLは細かいラメが入っていて、つるんとした感じ。それに対して、CANMAKEはラメなどは入っておらず、さらっとしたテクスチャー。

 

実際につけた時の見た目:

YSLは細かいラメが入っているためか、すこーしCANMAKEよりもぷるんっとして見えますが、見た目に関しては、ほぼ大きな違いは無いという印象。

 

色持ち:

気になる色持ちですが、YSLとCNAMAKE両方とも色持ちはかなり良いと思います!ですが、両方とも食べたり飲んだりすると、うるおい感は減少します。私の場合、半日ほど経つと乾燥してきてしまったので、塗り直しが必要でした。ティントは色持ちは良いので、透明のリップやグロスなどを上から重ねると、塗りたてとほぼ同じ状態が復活します!

 

結果

hikaku-4

さて、似ていると噂されているYSLとCANMAKEのリップティントを比べてみましたが、値段に大きく差はあるものの、見た目に関してはあまり差は無い、という結果になりました!
 
個人的には、YSLの方が細かいラメが入っているのでツヤぷる感がCANMAKEよりも出るし、何よりパッケージがとっても可愛くて気に入ってます。やっぱりパッケージデザインのおしゃれさ、かわいさに関しては、プチプラはデパコスにはかないませんね。
 
とはいっても、プチプラCANMAKEも、お手頃価格なのに、デパコスに怠らないクオリティで驚きました。
 
最後にこの比較検証をまとめると、
 
お手頃価格で綺麗に見えるテクスチャーが欲しいなら、CANMAKE
パッケージが可愛い!質感、香りなどはこだわりたいなら、YSL
 
といったかんじでしょうか。
 
また、今後も色々なコスメを比較していきたいと思います!
 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUTこの記事をかいた人

Kaeko

大学卒業後、現在専門学校でグラフィックデザインを勉強中。Hey Sisterでは、ライティングとイラストを担当。食べることが誰よりも大好き。趣味はアート鑑賞、色んなモノ・コトのリサーチ、ヴィンテージショップ巡り。美容・コスメオタク。マニアックなビューティー情報をお届けします。