SNSで話題の「THE PUBLIC ORGANIC」精油カラーリップ3色をレビュー

2018年11月に発売された「THE PUBLIC ORGANIC」の「精油カラーリップスティック」が、2019年9月25日より定番商品化されました!

1人1点限りの購入制限があったり、在庫が無くなるほど大人気だったリップ。定番化されるということで、コスメオタク界隈(私も含む)では喜びの声が上がっていました。

私も早速全3色ゲットしてきたので、詳しくレビューしたいと思います!

「THE PUBLIC ORGANIC」ってどんなブランド?

「THE PUBLIC ORGANIC」は、”精油の力で、日々を美しく前向きに。” がコンセプト。

精油とは、植物の花・果実の皮・樹皮・葉・種子などから抽出した100%天然の揮発性オイル。大量の植物からほんの少ししか採れない貴重なエッセンスなんです。精油の香りを嗅ぐことで、乱れた自律神経を整え、ストレスを解消してくれる効果があります。

また、国際オーガニック認証機関「エコサート」の厳格なオーガニックコスメ基準に基づき開発されています。原材料の100%は天然由来、原材料の71%はオーガニック原料で、鉱物油、シリコン、合成着色料は使用しないなど…。

 

ついに定番化!「THE PUBLIC ORGANIC」の精油カラーリップスティック

価格:各¥648(税抜)
色展開:全3色(バーニングレッド,ノーブルオレンジ,グレースフルピンク)
発売日:2019年9月25日

「THE PUBLIC ORGANIC」の精油カラーリップスティックは、「バーニングレッド」「ノーブルオレンジ」「グレースフルピンク」の3色展開。昨年発売されたリップの黄味を抑え、青みをプラスすることで肌がより綺麗に見えるカラーになっています。

オーガニックヒマシオイルとレッドラズベリーオイルの植物オイルが乾燥した唇をしっかり保湿。高保湿でありながら、自然な発色と艶感を与えてくれる高機能なリップなんです。

 

Kaeko

どの色もくすみカラーで今っぽい!


 

▪️ バーニングレッド

「バーニングレッド」は、3色の中でも一番濃い色。トレンド感のあるテラコッタローズが、シックで大人っぽい雰囲気を出してくれます。レッドとオレンジの中間のような色。
 


 

▪️ ノーブルオレンジ

「ノーブルオレンジ」は、3色の中でも特にオレンジが強めですが、落ち着いたトーンなので挑戦しやすいカラー。
 


 

▪️ グレースフルピンク

「グレースフルピンク」は、柔らかくて優しいコーラル系カラー。個人的にはこの色が一番自分の肌に合っていました!ほど良くナチュラルな血色感が気に入っています。
 


 

精油カラーリップスティック3色を塗ってみた!

3色を比較してみるとこんな感じ。少しずつ色味が違いますが、全体的にオレンジが強めなカラーバリエーションです。艶があって自然な発色!
 

Kaeko

個人的には「グレースフルピンク」がお気に入りで、ヘビロテしています!このリップをベースに塗ったあと手持ちの赤リップを重ねてグラデにするのも可愛い!


 

まとめ

今回は「THE PUBLIC ORGANIC」の精油カラーリップスティックを3色レビューしてみました。

きちんとオーガニック認証を取得しているリップをドラッグストアで気軽に買える時代が来たんだなと嬉しくなりました。お手頃な価格なので全色揃えたくなってしまいますね!

以前ご紹介した「アルジェラン」もとても気に入ってたんだけど、この「THE PUBLIC ORGANIC」のリップもお気に入りに追加!!

ぜひ皆さんもお近くのドラッグストアで試してみてください♪

関連記事:「マツキヨで即完売した「アルジェラン」のカラーリップをレビュー。保湿&メイクがこれ1本で!
 


 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

Kaeko

1996年生まれ。大学卒業後、専門学校でグラフィックデザインを勉強。Hey Sisterでは、ライティングとビジュアルデザインを担当している。趣味は料理、アート鑑賞、色んなモノ・コトのリサーチ、ヴィンテージショップ巡り。今気になるのはウェルネスとアロマセラピー。