韓国・漢南洞の「TARTINE BAKERY」で “死ぬ前に絶対食べるべきクロワッサン” を食べてきた

サンフランシスコの人気ベーカリー「TARTINE BAKERY(タルティーン・ベーカリー)」が2018年1月に韓国発上陸しました。
 
TARTINE BAKERYは「死ぬ前に一度は食べねばならない」と言われているクロワッサンが有名なお店で、現地ではいつも行列ができているんだとか。料理界のアカデミー賞と呼ばれている「ジェームズ・ビアード賞」を受賞した経歴もあります。
 
そんな人気店がソウルにオープンしたというニュースを聞きつけて、今回行って来ました!

TARTINE BAKERY SEOULへのアクセス

場所は韓国のおしゃれエリア、漢南洞(ハンナムドン)にあります。漢南洞といえば、BTSの宿舎がありますね。メンバーに遭遇しないかしらなんて淡い期待を抱いていたけどもちろん会えず(笑)
 
私たちは地下鉄で漢南駅から迷いながら歩いて行きましたが、駅からはちょっと距離があるのでタクシーで行くほうがおすすめです。

TARTINE BAKERY SEOULで朝ごはん食べました

行く前に色々と調べていると「行列ができるから早く行った方がいい」って書いてる人が多かったんですよね。なので開店と同時くらいにお店に着くように行ったんですが、意外にもめっちゃ空いてました。
 
オープンしてから少し経つので落ち着いてきてたのか、それともたまたまだったのかは謎。ちなみに行ったのは平日の朝です。
 
でも30分くらいすると次々と人が集まってきました。しかもちょっとおしゃれな格好した若い男女ばっかり。外国人の多いエリアということもあって、外国人の姿もちらほらありました。

お店は2階建で天井は吹き抜け、工房も全て見渡せる設計になっているためすごく開放的でした。打ちっ放しのコンクリと木目調のデザインが良い具合に組み合わさって温かみのある雰囲気。
 

入り口入ってすぐのカウンターには、美味しそうなパンや焼き菓子がずらり!!!本当にどれも美味しそう〜。
 

お店が漢南洞にあるからなのか、”Hannam Multigrain”という名前のパンもありました。美味しそうな色してますね。
 

こちらがメニュー。私たちのように優柔不断な人は、事前にこれを見て何にするか決めときましょう。(名前を聞いただけじゃ想像できないものもありますが。)

これが噂のクロワッサン(W4500)

これが「死ぬ前に一度は食べねばならない」と言われているクロワッサンです。結構大きめなので2人で半分にしました。
 
外側はパリパリしているのに中はしっとりしていてジュワッとバターの風味が口の中で広がります。これは美味しい。
 
ソウルのTARTINE BAKERYで働くパティシエやシェフたちは、本店の味をそのまま韓国に伝えるためにサンフランシスコで長い間トレーニングを受けたそうなので、きっとこれは本店の味に限りなく近いはず。

ブリオッシュプディング(W5500)も人気

クロワッサンと一緒におすすめしたいのがブリオッシュプディングです。トロットロのブリオッシュの上にたっぷりのイチゴが乗った甘いスイーツ。

エッグサンドイッチ(W7000)

お腹ペコペコだった私たちは、エッグサンドイッチもシェアしました。ふんわりとしたロールパンの間に卵とチェダーチーズとベーコンが挟まってます。ソースも美味しかった。
 
他のパンも美味しそうだったので色々持ち帰りたかったのですが、旅行中なので断念。後ろ髪を引かれながらクッキーだけ買って帰りました。

まとめ

TARTINE BAKERYは、今ソウルの若者の間では最もホットなベーカリーだと思います。きっと近所に住んでたら毎週レベルで通うんだろうな〜。
 
 
もっと!コリアの記事によれば、今後2年以内に韓国内で3~4店舗の売り場をオープンさせるんだそう。勢いありますね〜!楽しみです。
 

TARTINE BAKERY SEOUL
 
住所:ソウル市 龍山区 漢南洞 263-2
営業時間:9:00~19:00
休業日:旧正月・秋夕の前日と当日
 
公式サイト:https://www.tartinebakery.com/seoul

 

ABOUTこの記事をかいた人

Kaeko

1996年生まれ。大学卒業後、現在専門学校でグラフィックデザインを勉強中。Hey Sisterでは、ライティングとビジュアルデザインを担当。食べることが誰よりも大好き。趣味は料理、アート鑑賞、色んなモノ・コトのリサーチ、ヴィンテージショップ巡り。韓国のアイドル・女優のメイクを研究するのも好き。マニアックな美容情報をお届けします。