2018年夏の3大トレンド、 PVC・フィッシュネット・ビーズを攻略せよ

蒸し暑いのは嫌いだけど、夏のファッションが一番好きなMayukoです。

オフショルダーのトップス、フローラルプリントのワンピース、エスパドリーユ、キャットアイサングラスなどなど、夏のアイテムは見ているだけで心がときめきます。

そこで今回の記事では、いつものサマースタイルを格上げしてくれる2018年大注目の3トレンドをご紹介。ぜひワードローブにプラスしてみてくださいね。

1. PVC

2018年春夏の大注目株トレンドといえば、やっぱりPVC素材じゃないでしょうか。

PVC素材とは塩ビやビニールなどとも呼ばれているプラスチック素材のこと。

2018年春夏は多くのブランドのランウェイに登場しました。例えば「シャネル」はケープやハット、ブーツ、グローブ、バッグととにかくPVCのオンパレード。

あと印象的だったのは「オフホワイト」が「ジミー・チュー」とコラボして作ったシューズたち。レディーライクなパンプスやブーツを大胆にもPVCで包み込み話題を呼びました。エレガントなだけで終わらせないところにオフホワイトらしさを感じます。

他にも多くの有名ブランドを虜にしたPVCは、間違いなく今季取り入れたいトレンドNO.1でしょう。

Mayukoさん(@mayukooffduty)がシェアした投稿

実は私も昨年購入したMaryam Nassir ZadehのPVCサンダルを今年はヘビロテしてます。

PVCを取り入れるならやっぱり小物が最適。個人的にはバッグがおすすめです。なぜならサンダルは蒸れるから😅 PVCが直接肌に触れる面積が広いほど蒸れやすいので、現実的なことを考えると細いストラップタイプの方がベター。でもおしゃれに我慢はつきものだよねっ。

バッグの一押しは今ホットなLAブランドの「STAUD」。STAUDのクリアバッグは、今年2月に開催されたファッションウィークの頃からオフランウェイでキャッチされ「あのイットバッグはどこのもの!?!?」と海外メディアでは度々取り上げられてきました。

STAUDのクリアバッグは手の届きやすいお手頃価格とプライバシーに配慮したレザーポーチ付きなのが魅力。売り切れ前にぜひゲットしたい。

2. フィッシュネット

フィッシュネットは2017年に引き続きトレンド継続中。特にこの夏はスタイリッシュなアイテムともマッチするモードなフィッシュネットバッグが昨年より多くのブランドから登場しています。

例えば外側にフィッシュネットを被せた「STAUD」のユニークなバケットバッグや「CELINE」のシンプルなマーケットバッグは、インフルエンサーたちにも大人気で今年のイットバッグとして浮上しています。

夏のコーディネートにちょっぴりリゾートっぽさをプラスしてくれるアイテムですね!

3. ビーズ

最後は今私が最も注目しているビーズ!!!

リバイバルブームの影響なのか、カラフルなビーズを使ったちょっぴり昔懐かしいバッグやアクセサリーが最近SNSをジャックしてます

この新トレンドの火付け役となったのが、ロンドン発の「Shrimp」とNY発の「Susan Alexandra」の2ブランド。どちらもビーズをたっぷりと使ったレトロ&チャーミングバッグが大ヒットし、特にヴィンテージ好きなインフルエンサーの間で支持を集めています。

ジュエリーなら「Roxanne Assoulin」が人気。Leandra Medineがインスタに写真を投稿すると瞬く間に売り切れたそうです。カラフルなビーズを組み合わせたブレスレットやチョーカーは重ね付けが断然かわいい。(子どもの頃、よく伸縮性のある糸にカラフルなビーズを通してネックレスとかブレスレット作って遊んでたのを思い出しました。)

じわじわとブームになりつつビーズトレンド、先取りしてみてはいかが?

ABOUTこの記事をかいた人

Mayuko

大学卒業後、2016年までニューヨークに留学。帰国後はフリーランスライターとしても執筆活動をスタート。HEY SISTERではライティングと編集をやっています。好きな食べ物は、たこ焼き。海外のコスメが大好き。