韓国・パークハイアットソウル宿泊記。

今回、韓国で行われたマイケルコースのプレスツアーに参加させていただきました。
 
その間に宿泊していたのがPark Hyatt Seoul(パークハイアットソウル)です。韓国でずっと泊まってみたかったホテルのひとつだったので、ワクワク。
 
早速詳しくレビューしていきます。

パークハイアットソウルへのアクセス

場所はカンナムエリアで、地下鉄2号線三成(サンソム)駅の目の前にあります。COEXモールには歩いて行けました!
 
今回私たちはプレスツアーのパッケージ旅行だったため、空港からホテルまでの送迎が付いていたのですが、自分で行く場合はリムジンバスでCOEX都心空港ターミナルまで行き、そこからはホテルまでのタクシー無料送迎があるのでそれを利用すると良さそうです。

ホテルにチェックイン

ワクワクしながらいよいよホテルにチェックイン。
 
今回はシングルベッド2台のデラックスルームにステイしました。期待していた通りの素敵なインテリアに2人もテンション上がりっぱなし。
 
実はパークハイアットソウルの内装は、杉本貴志氏が率いる「スーパーポテト」という日本のデザイングループが担当しています。韓国の伝統的な要素を取り入れながらモダンでシックな空間。
 

お部屋は今まで韓国で泊まった格安ホテルとは比べ物にならないほど広々していました。ガラス張りの窓のおかげでさらに開放感も抜群。ラグジュアリーな雰囲気なんだけどそこまで気取っていなくてとても落ち着くお部屋です。
 

ホテルのある三成(サムソン)はビジネス街の中心地なので、お部屋からはオフィスビルや大使館などが見えます。
 
続いてバスルームをチェックしに行ったら、私たちのテンションはもう崩壊しました。
 

見てください!!!この解放感溢れる贅沢なガラス張りのバスルーム!!!
 

窓も扉も全面的にガラス張りなので外からも中からも丸見えです(笑)家族やカップルで来てたらちょっと気まづいかもしれないですね😅
 
でもそんなことはどうでもよくなっちゃうくらい最高にイケてるバスルームです。
 

ちなみにアメニティーはイソップです。
 

お待ちかねの入浴タイム。ソウルの夜景を独り占めしながらゆっくり湯船に使っていたらあっという間に1時間が経過。独立したバスタブにサムソンの液晶テレビまで付いていて、疲れて帰ってきた後の最高の癒しでした。

おまけ

1. パークハイアットソウルのピンスはソウル1高いらしい

パークハイアットソウルのフロントと同じ23階にある「The Lounge」というラウンジのピンスは、ソウルで一番高級だと話題になっているそうです。お値段はお値段は38000ウォン。もの凄いボリュームなので、頼めば半分のサイズにしてくれるそうです。(もちろんお値段も。)
 
今回は一泊二日の超弾丸ビジネストリップだったため食べられませんでしたが、次に行った時は試してみたいなと思っています。

眺めの良いプールもあるよ

ラウンジと同じ23階のプールとスパも素敵で、大きな窓からソウルの景色を見渡せる贅沢な空間。こちらも次回は是非利用したいです。
 

まとめ

パークハイアットソウルは、私たちが期待していた通りの素敵なホテルでした。
 
今回は時間が足りなくて、あまりホテル内の施設を利用できなかったのが残念。。。また次回韓国に行くことがあれば今度はゆっくりとホテルに滞在してちょっぴり優雅で贅沢な時間を過ごしてみたいです。
 
>> Park Hyatt Seoul (パークハイアットソウル) の詳細・予約はコチラから
 

ABOUTこの記事をかいた人

Mayuko

大学卒業後、2016年までニューヨークに留学。帰国後はフリーランスライターとして執筆活動をスタート。Hey Sisterでは、ライティング、ビジュアルアートを担当。iPhoneとPhotoshopがベストフレンド。好きな食べ物は、たこ焼き。海外のコスメが大好き。