2018年はレトロブーム!今季再び流行している懐かしのファッションアイテムたち。

90strends

去年に引き続き、2018年もファッション業界はリバイバルブームが継続中です。今回の記事ではウエストポーチや週末のお父さん風スニーカーなど、90sキッズにとって懐かしいアイテムをまとめてみました!あなたの青春時代が蘇るアイテムはいくつあるでしょうか?

 

1. ウエストポーチ

オフランウェイでも支持者が続出中のファッショナブルなウエストポーチ。特にGucci、Prada、Balenciagaあたりは大人気。ウエストポーチといえば、90年代のアメリカンスタイルの定番です。個人的に私が一番印象に残っているスタイリングは、Golide Hawnのタンクトップ+Mom ジーンズ+ウエストポーチの組み合わせ。このスタイリングはちょっと真似してみたいです。

2. ロゴTシャツ

SNSの普及もあってか、目にパッと飛び込んでくるロゴアイテムが復活。私の個人的な一押しはBurberryです。先日ロンドンで行われたChristopher Baileyの最後のコレクションでは過去のアーカイブにインスパイアされたレトロなアイテムが多数登場して話題となりました。(欲しいものがいっぱいすぎて困る…!)クラシックな「Burberrys」のロゴが刻まれたTシャツはレトロブームな今のムードにぴったり。

3 シュシュ

シュシュは以前「一昔前に流行った「シュシュ」が新トレンドとして再浮上!?」でも記事にしましたが、今季トレンドのアクセサリーとして復活してきています。Mansur GavrielやBalenciagaといった人気ブランドがシュシュを新ファッションアイテムとして再提案しているだけでなく、ヴィンテージのエルメスやルイヴィトンのスカーフを使ってラグジュアリーなシュシュを作り販売しているインディーズデザイナーも。今シーズンのシュシュは華麗に進化を遂げています。

4. ダッドスニーカー

2018年のトレンドキーワードであるダッドスニーカーとは、90年代にアメリカのお父さんが休日に履いていたようなちょっぴりダサくてボリューミーなスニーカーのこと。中でもバレンシアガが出したTriple Sは発売前から話題となり、完売状態が続出するほどの人気ぶりを見せました。バレンシアガをきっかけに「ダサい=クール」という流れがきていますね。私が生まれた90年代から今も変わらず同じようなちょいダサスニーカーを履いている父親に「その靴、今トレンドなんよ」と教えてあげたい。

5. バケットハット

90年代の定番アイテム、バケットハットが最初に再ブレイクの兆しを見せたのはCraig Greenの2014年春夏コレクション。その後Buberryの2015年春夏、Lanvinの2018年春夏コレクションに登場し、ゆるやかに再ブームまでの道のりを歩んできました。ちなみにバケットハットはメンズのトレンドとしてスポットを浴びることが多いですが、女の子が身につけたって可愛い。なんせ今はジェンダーレスファッションがトレンドですからね。

6. ウエスタンブーツ

Raf Simonsが手がけるCalvin Kleinの2017春夏コレクションを一目見た時、なんだかとても懐かしい気持ちになったのは私だけではないはず。ウエスタンブーツをはじめ、古き良きアメリカのノスタルジアを感じるロデオなアイテムが目白押しでした。LAガール風なファッションにハマっていたティーンの頃、切りっぱなしのデニムショートパンツにウエスタンブーツを合わせるコーディネートがすごく気に入っていたのを思い出しました。久しぶりにクローゼットから引っ張り出してきて履いてみようかしら?Ganniみたいにマキシ丈のワンピースと合わせるのも可愛いですよね。

7. キャットアイサングラス

今年に入ってからインスタで見ない日はないというほど愛用者続出中のLe Specsのサングラス。昔の映画に出てきそうなキャットアイデザインがアイコニック。私も購入を検討しているんですが、比較的リーズナブルなところも人気の理由の一つなのかも。(インスタで大人気のLolitaは$119。)レトロな夏のスタイリングには欠かせないアイテムになりそうですね!


 

ABOUTこの記事をかいた人

Mayuko

1991年生まれ。大学卒業後ニューヨークに留学中にKaekoとHEY SISTERを立ち上げ、ライター活動を開始。帰国後は当サイトを運営する傍らフリーランスライターとしてファッション、ビューティー系媒体で翻訳や寄稿を行う。海外のコスメ集めが趣味。