最新台湾グルメと古着・雑貨巡りを楽しむ中目黒 。姉妹と東京さんぽ vol.2

姉妹共通の趣味といえば、都内をあちこち散歩すること。

「姉妹と東京さんぽ」は、読者の皆も一緒に出かけている気分を味わってもらえたらな、と始めた連載シリーズです。

姉妹が何度もリピートしているお気に入りのお店から、散歩中に偶然見つけた素敵な店・人との出会いなど、エリア別に紹介していきます。

第2回目は、個性的なショップやグルメスポットが集う中目黒へ。

まずは東京台湾でランチ!絶品水餃子と魯肉飯を食す

中目黒にはおすすめしたいグルメスポットが本当に多く集まっているので、それだけで一本の記事が書けそうです。中でも「東京台湾」は姉妹がしょっちゅう通っているお気に入りのお店。
 

店内にはレトロな台湾の小物や雑貨がずらり。なんだか懐かしい気持ちになります。
 

ランチのメニューは一種類のみ。名物水餃子とお茶碗魯肉飯、副菜、台湾茶がセットで1000円というかなり満足度の高い内容になってます。

「東京台湾」の名物である水餃子はモチモチとした厚めの皮に餡がぎゅっと詰まっていてジューシー。魯肉飯は+250円で茶碗から丼ぶりに変更もできますが、なかなかボリュームがあるので茶碗サイズがちょうど良い。シャキシャキのザーサイと半熟卵、そして旨味が詰まった豚肉をタレがしみたご飯と混ぜていただきます。ああ、至高の時間。ごちそうさまでした!
 

東京台湾

住所:東京都目黒区上目黒2-14-1 寺内ビル 1F
営業時間:ランチ:12:00〜14:00 / ディナー:17:00〜22:00 (23:00閉店)
電話番号:050-5593-5611
定休日:水曜

http://drop-drop.shop-pro.jp/

 

ランチの後は、中目黒の古着屋巡り

中目黒のおすすめ古着屋① JUMPIN’ JAP FLASH

中目黒といえば、古着屋さんが多いことでも知られていますよね。今日は姉妹が中目黒に来たら必ずチェックする3店を紹介します。まず1軒目は、50~90年代のヴィンテージアイテムを集めた「JUMPIN’ JAP FLASH」。
 

店内に置かれたアイテムはメンズが6割、レディースが4割くらい。私はデザインとフィット感が気に入ればメンズ/レディース関係なく着る人なので、店内は隈なくチェックします。ちなみにこの日着ていたTシャツも以前「JUMPIN’ JAP FLASH」で買ったもの。

代官山方面にある姉妹店の「H アッシュ」もおすすめですよ。こちらはレディースに特化しており、「大人が通える古着屋」をコンセプトにしたセンスの良いアイテムが揃います。
 

JUMPIN’ JAP FLASH(ジャンピンジャップフラッシュ)

住所:東京都目黒区上目黒1-3-13
営業時間:12:00~20:00
定休日:なし

https://jumpinjapflash.com/

 

中目黒のおすすめ古着屋② moc

続いてご紹介するのは「moc」。オーナーは男性ですが、レディースのみの取り扱い。こじんまりとした店内に並べられているアイテムは統一感があってセンス抜群。
 

今回も可愛いリブニットがたくさん入荷していました!そろそろニットが欲しくなる季節ですね。インスタグラム(@moc_insta)では定期的に入荷情報がアップされているのでチェックしてみてください。
 

moc(モック)

住所:東京都目黒区青葉台1-15-4
営業時間:13:00~21:00
定休日:なし

https://moc-s.com/

 

中目黒のおすすめ古着屋③ DROP

「moc」のお隣にある「DROP」もおすすめ。こちらも店内はコンパクトですが、幅広い年代のアメリカンヴィンテージを取り揃えています。シック、スポーティー、フェミニンまで色んなテイストのアイテムがあって楽しい。
 

今日も色々と試着させてもらって、気に入った一着をお買い上げしました。
 

こちらが「DROP」で買ったトップス。私が今ハマっている90年代風のデザインと明るいライムカラーに一目惚れ。リブニットなのでこれからの季節に活躍してくれそう。フレアのデニムやスカート、ショーツブーツと合わせて着たいな〜。
 

DROP(ドロップ)

住所:東京都目黒区青葉台1-15-5
営業時間:13:00~22:00
定休日:なし

http://drop-drop.shop-pro.jp/

 

「COW BOOKS」でお気に入りの一冊を見つける

中目黒沿いにちょっと変わったお洒落な古本屋さんがあります。「COW BOOKS」は「暮らしの手帖」元編集長の松浦与太郎氏がプロデュースした本屋さんで、世界中からセレクトしているそう。置いてある本のジャンルは幅広く、小説や伝記物、ファッションや料理、写真集まであります。
 

それほど広いお店ではありませんが、店内にはカフェも併設されているのでドリンクを飲みながらゆっくり本の世界に浸ることもできます。「COW BOOKS」ではオリジナルグッズも販売されており、こちらも人気のよう。ぜひチェックしてみて!
 

COW BOOKS

住所:東京都目黒区青葉台1-14-11
電話番号:0354591747
営業時間:12:00-20:00
定休日:月曜日(月曜祝日の場合は営業)

http://www.cowbooks.jp/

 

「SML」でとっておきの器を見つける

全国の様々な作家さんの作品を展示・販売している器の専門店「SML」。中目黒駅からは徒歩で約7分ほど。全て手作りで、1つとして同じものはないので迷ってしまいます。
 

器以外に木のスプーンやフォークなども揃っていますよ。どうやって使おうか考えながら器選びをする時間が好き。ゆったりとした店内なので、じっくり器選びを楽しむことができますよ!
 

SML

住所:目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル1F
電話番号:03-6809-0696
営業時間:12:00~20:00(土日祝は11:00~20:00)
定休日:不定休

http://sm-l.jp/

 

話題の新スポット「明天好好」でお目当の豆花を食す

買い物で歩き回って小腹がすいてきたので、8月にオープンしたばかりの台湾豆花カフェ「明天好好(ミンテンハオハオ)」で豆花を食べることに。このお店は以前、銀座で期間限定ポップアップを行い話題を集めました。まるで本場、台湾にいるかのような気分になれる店内が可愛い。
 

(左)ぜんざい、(右)プーアール 各800円

今回私たちが食べたのは、ぜんざいとプーアール。ぜんざいは、冷たい豆花に温かい特製ぜんざいソースがかかっています。押し麦、タピオカ、茹でピーナッツ、極小しらたまがポイント。きな粉砂糖もかかっているので、和風な一品です。
 

プーアール薬膳の方は、プーアール茶を煮出し、ナツメで香りづけした特製プーアールシロップがかかってます。ほのかな甘みがさっぱりしていて全然くどくない!具材は極小しらたま、タピオカに加え、薬膳・健康食材がたっぷり入っています。夏にぴったりのギルティーフリーなスイーツ。姉妹は2人ともプーアール推し。
 

明天好好(ミンテンハオハオ)

住所:東京都目黒区青葉台2-20-7
電話番号:03-6452-3102
営業時間:11:00~23:00
定休日:なし

https://mingtenghaohao.com/

 

「ヨハン」でチーズケーキをお持ち帰り

「ヨハン」は1978年創業の老舗チーズケーキ店。スイーツ好きなら誰もが知っている名店です。わざわざ遠方から買いに行く人もいるほどだそうですよ。せっかく中目黒に来たので、今日はこちらでチーズケーキを買って帰ります。
 

「ヨハン」のチーズケーキはとってもシンプル。香料・着色料・保存料を一切使用せず、創業から変わらない伝統の味を守り続けています。4種類あるうち、今回は「サワーソフト」をチョイスしてみました。ベイクドチーズケーキの上にサワークリームが重なった甘酸っぱい爽やかな味わいは病みつき。サイズもちょうどよく、甘さ控えめなので、ペロッといけちゃいます。
 

ヨハン

住所:東京都目黒区上目黒1-18-15
電話番号:03-3793-3503
営業時間:10:00~18:30
定休日:なし

http://johann-cheesecake.com/

 

まとめ

今回は台湾グルメと古着・雑貨ショッピングにフォーカスして中目黒を散歩してみました。中目黒は美味しいものや楽しいお店が多いので何度行っても飽きません。

次の週末はぜひ中目黒を散歩してみてはいかが?

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

Mayuko

1991年生まれ。大学卒業後ニューヨーク留学中にKaekoとHEY SISTERを立ち上げ、ライター活動を開始。帰国後は当サイトを運営する傍らフリーランスライターとしてファッション、ビューティー系媒体で翻訳や寄稿を行う。海外のビューティーブランドを試すのが趣味。スキンケアオタク。