2020年6月8日オープン「IKEA原宿」に潜入!店内をぐるっと回って徹底レポ

2020年6月8日に原宿駅の目の前にオープンした「IKEA原宿」。国内初の “都心型店舗” として今話題を集めています。これまで何度も郊外のイケアに足を運んでいる姉妹が、今回メディア向け内覧会にお邪魔してきました!

これまでのイケアとは一味違う「IKEA原宿」の店内の様子をたっぷりと余すことなくレポします。

原宿駅から徒歩1分!仕事帰りや買い物ついでに気軽に立ち寄れる

日本国内では10店舗を展開しているスウェーデン発の人気家具店イケア。2020年6月8日にオープンした国内初の “都心型店舗”「IKEA原宿」は、JR原宿駅から徒歩でわずか10秒とアクセス抜群の立地です。

ちなみに「IKEA原宿」が入っている「ウィズ原宿」内には他にもユニクロやEATALYなどが出店しており、ショッピングからグルメまで楽しめますよ〜!

 

2Fエントランス

GAPの跡地にオープンした「IKEA原宿」は1Fと2Fの2フロア構成。1Fのメインエントランスの他、2Fの入り口からも入店することができます。
 

「IKEA原宿」は郊外の店舗と違って倉庫を持っておらず、取り扱っている商品ラインナップも少し異なります。売り場は「眠る」「整える」「くつろぐ」「料理する」の4つセクションに分かれており、1人暮らしやカップル向けの家具や生活雑貨が中心に集められています
 

Kaeko

「IKEA原宿」は想像していたよりもコンパクト。広さは体感的に郊外店舗の1/10くらい?


 

まずは1Fのスウェーデンコンビニをチェック

1Fのエントランスを入ってすぐ右手には、世界初の「スウェーデンコンビニ」があります。これは日本のコンビニをイメージしており、サクッと気軽に買い物ができる商品が集められたコーナー。商品の陳列がリアルにコンビニのようですよね!便利で手頃なアイテムがたくさんありました。
 

例えば、こちらの低アルコールのクラフトビール。スウェーデン・ストックホルムで人気のクラフトビールブルワリー「Omnipollo(オムニポロ)」から特別に輸入されているそうで、日本ではイケアでしか手に入らない商品なんです!

フレーバーは「レギュラー」「ブルーベリー&バニラ」「ローズヒップ」「リンゴベリー」の4種類。アルコール度数は0.3%と低く、お酒が弱い私でも飲めそうです。パッケージもカラフルで華やかなので、手土産にはもちろん、自宅の食卓にも彩りを添えること間違いなし。
 

環境にも優しいプラントベースのカップラーメンもありました。イケアにカップラーメンがあるなんて斬新!これぞ、”コンビニ飯” なイメージ(笑) 100%植物由来の材料で作られており、お味は野菜ベースの「塩味」と「カレー味」の2種類。ノンフライの麺なのでカロリー控えめに作られています。
 

可愛くておしゃれなエコバックも。7月からはレジ袋が有料になるので、エコバックの購入を考えている方はぜひチェックしてみてくださいね。
 

イケアの代表的なバッグのミニ版もありました。「ブルー」とIKEA原宿限定の「イエロー」の2種。1つ99円とかなりお手頃なプライスです。

手の平サイズの大きさですが、使い方は色々。リップやミニ手鏡などの小物を入れるポーチとして、キャンディやガムを入れるおやつケースとしても使えそうです。お財布には入り切らないけどよく使うカードやポイントカードを入れても良さそうですね。
 

パソコンのUSBコードや携帯の充電コードなども揃っています。今日コード忘れた!なんて時は、イケアコンビニに駆け込むことが可能です。お洒落なデザインな上にお手頃プライスなのが嬉しい。どれも耐久性のある布張りかつ耐摩耗性に優れているので安心です。
 

併設しているコーヒースタンドでは、コーヒーやラテ、パンやアイスなどを楽しむことができます。オーツ麦ミルクを使用した”イケアラテ”やアーモンドミルクを使用した”アーモンドミルクラテ”、植物由来のソフトアイスを使ったサンデー(ストロベリー)はIKEA原宿限定のメニューなので要チェック。
 

イケアで大人気のシナモンロールはもちろん、あんこクロワッサンや、フェタチーズスナック、パンオショコラなどパンの種類も豊富!焼き立てパンの良い香りに食欲がそそられます。
 

カフェの横に無料の給水スポットを発見!マイボトルを持参すると自由に利用できます。
 

「暮らしのニーズ」にあわせた4つの売り場をチェック

▪︎ 眠るエリア

1Fの「眠るエリア」には、ベッドまわりのアイテムが集められています。ターゲットは単身又はカップルなのでシングルやセミダブルサイズベッドやリネン系がメイン。
 

▪︎ 整えるエリア

同じく1Fの「整えるエリア」には、便利な収納グッズがずらり。ハンガーやちょっとした小物入れ、仕切りなど、必要な時にパッと買いに行けるのが嬉しい。
 

▪︎ くつろぐエリア

続いて2Fの「くつろぐエリア」には、都会で忙しい毎日を過ごしている人がリラックスできるようなアイテムが集結。例えば、ソファやグリーン、テキスタイルや照明など。
 

こちらの「くつろぐエリア」には記念撮影ができるフォトスポットもあるのでお見逃しなく!私も一応撮ってみましたが、こういう場所でポーズとるのが苦手なためあまり盛れず…😅
 

▪︎ 料理するエリア

「料理するエリア」では、日々の生活に必要な調理器具から食器、カトラリー、便利グッズやヘルシーでサステナブルな食材が販売されています。

 

狭い部屋の収納や家具の配置が参考になる!

イケアといえば、実際のお部屋をイメージしたショールームがありますよね!ここ「IKEA原宿」でも各セクションに様々なスタイルのショールームが置かれていました。
 

1Kや1Rくらいの広さの部屋が多く、一人暮らしやカップルが真似したくなる収納アイディアが満載です。
 

Kaeko

気に入ったお部屋を丸ごと真似しても良いし、良いなと思ったアイディアだけを参考にするのも良し。


 

2Fのスウェーデンカフェで原宿限定メニューをチェック

2Fにはサステナブルでヘルシーな食べ物やドリンクが楽しめる「スウェーデンカフェ」があります。
 

セルフレジコーナー

座席数は郊外のイケアに比べると少ないですが、カフェスペースとしては十分だと思います。このような仕切られた座席スペースもあるので、落ち着いて食事を楽しめますよ。テイクアウトも可能なので、ちょこっと小腹が空いた時に利用することもできます。

 

(C)イケア・ジャパン

「IKEA原宿」に来たら、限定メニューの「ツンブロード」は必食。スウェーデンの伝統料理であるフラットブレッドをモダンにした料理で、食べ歩きカルチャーの発信地である”原宿”とスウェーデンの文化が融合して作られたメニューだそうですよ!

小麦とライ麦などプラントベースの素材だけで作られたフラッドブレッドに、ベジソーセージやサーモンなどの具材がのっていて、とってもヘルシー。薄いパンのような、クレープみたいな見た目です。全部で16種類あり、特に人気なのは「クラシック」「サーモン」「ベジソーセージ」「セムラ」だそう。
 

Kaeko

ツンブロードは世界中のイケアの中でもIKEA原宿でしか食べられない限定メニューなんです。次行った時は食べたい!


 

「IKEA原宿」の混雑状況やコロナ対策は?

2020年6月25日の時点では、平日(混雑時以外)は入場制限なしで入店することができます。土日は混雑緩和のため、店頭のチケットシステムで入場整理券を発行しているそう。今後徐々に混雑は緩和していきそうですね。オープン直後の現時点で「IKEA原宿」に行くなら、やはり平日がおすすめ。
 

コロナ対策として、レジ周りにはビニールカーテンを設置。店員さんは全員マスクやフェイスシールドを着用し、お客さんにもマスク着用とソーシャルディスタンスを呼びかけています。
 

まとめ

今回は、2020年6月8日にオープンした「IKEA原宿」をレポしました。郊外の店舗と比べると規模が小さく品数も少ないですが、1人暮らし用の家具や小物を買うには十分。商品ラインナップはニトリや無印と近いなと感じました。グルメ系も充実しているのでサクッとカフェ利用するのもあり。また原宿方面に足を運ぶ機会があれば、ぜひ立ち寄りたいです!
 

※ 今回HEY SISTERは「IKEA原宿」の内覧会にお邪魔しました。レビューはライター本人の感想です。
 

IKEA原宿

住所:東京都渋谷区神宮前1-14-30 WITH HARAJUKU内
アクセス:JR 原宿駅 徒歩1分 東京メトロ千代田線「明治神宮前〈原宿〉駅」徒歩1分
営業時間:10:00〜21:00(当面の間、11:00〜20:00に時間短縮営業。カフェ営業時間はストア営業時間と同じ)
年中無休(2月第4水曜日をのぞく)

https://www.ikea.com/jp/ja/stores/harajuku-pube424fb30

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

Kaeko

1996年生まれ。大学卒業後、専門学校でグラフィックデザインを勉強。Hey Sisterでは、ライティングとビジュアルデザインを担当している。趣味は料理、アート鑑賞、色んなモノ・コトのリサーチ、ヴィンテージショップ巡り。イラストも描いている。