海外に行ったら、イングリッシュネームって必要?

海外で韓国人がイングリッシュネームを名乗るのはナゼ?

実は私、1ヶ月半だけですがニューヨークに語学留学したことがありまして。今回はその時のちょっとしたエピソードをシェアしたいと思います。
 
ドキドキして迎えた語学学校初日に、不思議に思ったことがありました。それは、一人ずつ自己紹介をした時のこと。クラスにいた1人の韓国人男子が、
 
「ハーイ。僕の名前はダニエルだよ。よろしく!」
 
と、真顔でイングリッシュネームを名乗る
 
え?ダニエル??絶対ダニエルって顔じゃないよね??あ、そうか、もしかしたらアメリカで生まれたのかもしれない。あれ?でももしそうだったら語学学校なんかこないよね??だとしたら、ただのアメリカ人かぶれか??と、私の頭の中はプチパニック。すると、今度は別の韓国人生徒たちが、
 
「僕はジェイクだよ。」
「私はジェニーよ。」
 
と、次々と慣れた口調でイングリッシュネームを名乗っていくので、私の頭の中は大パニック!!!
 

via GIPHY

なんで韓国人たちは、本名じゃなくて英語の名前を使うの〜!!!???と、気になってしまった私は、後日仲良くなった “韓国人のジェニー” に聞いてみた。
 
すると、どうやら韓国の名前は発音しにくい&覚えられにくいのでイングリッシュネームを使う人が多いんだとか。クリスチャンの人は、クリスチャンの名前を名乗るようですが、そうでない人は自分の好きな名前を勝手に決めて使うという案外テキトーな感じだそうです。
 
確かに、韓国語の名前って発音しにくいものが多いですよね。「ハヌル」とか「スンヒョン」「イェジュン」とか。
 
そういえば、私は韓国人ではないけれど、留学中に自分の「カエコ」という名前を巡ってこんな経験がありました。
 
「カエコ」っていう名前は、アメリカ人にはどうも聞き取りにくい&読みにくい&発音しずらいようで、海外ではしょっちゅう間違えられます。語学学校でも「カイコ」「ケイコ」「ケコ」「キコ」など色々と呼び間違えられました(笑)
 
カフェで飲み物を注文して自分の名前を聞かれる時も、だいたい一度では聞き取ってもらえません。
 
ある日、スタバで店員さんにいつものように何度も名前を聞き直されて。「オッケー。カエコね!」とようやく理解してもらえて安心していたのに、出てきたカップに書かれていた名前は「アンヨ」。
 
アンヨです。
 

anyo-1

 
「カエコ」のなにがどうなってそうなったのか分からないけど、「アンヨ」になってました。もしかしたら「アンゴ」かもしれないが、どっちにしろ大幅に違う。これにはもう笑うしかなかった。
 
私の名前みたいに、日本特有の発音が羅列した名前は、外国人にとっては発音しにくいんでしょうね。
 
そういう場合、韓国人のようにイングリッシュネームを名乗ったほうが、自己紹介で何度も名前を言い直したり、カフェでもたついたりしないで済むし、日常生活の色んなことがスムーズにいく
 
そんなわけで、私も海外でカフェに行く時やレストランで予約する時などは、イングリッシュネームの「通称」を名乗ることにしています。
 
以上、韓国人に学んだプチライフハックでした。