HEY SISTERの裏側ちょい見せ!Vol.1 〜1本のブログ記事ができるまで

先日ツイッターで質問箱を設けたところ、「HEY SISTERのインスピレーションはどこから受けているの?」「ブログの写真はどうやって撮っているの?」「どんな環境で記事を書いているの?」など、ブログ運営にまつわるご質問を多くいただきました。

なので、これから数回に渡ってHEY SISTERの裏側的な部分もシェアしていこうと思っています。とはいっても、HEY SISTERはあくまでもライフスタイル・ウェブマガジンなので、ブログの開設方法や稼ぎ方について深く取り上げるというよりは、どのようにHEY SISTERの世界観を表現しているのか、どんな目的を持ってHEY SISTERを運営しているのかといった側面をお見せできたらなと思っています…!

というわけで今回は1本のブログ記事ができるまでのプロセスをクローズアップ。

1本のブログ記事ができるまでのプロセス

① ネタ探し
② キーワードのボリュームをチェック
③ リサーチ
④ 記事作成
⑤ 写真撮影・ビジュアル作成
⑥ 公開

 
HEY SISTERでの記事作成のプロセスは①~⑥の繰り返し。記事によっては④~⑥の間にクライアント様のチェックが入ったり、⑥にたどり着くまでにお蔵入りになることもありますが、基本的にはこの手順で記事を作っています。以下でもう少し詳しく1つ1つのステップについて説明してきますね。
 

① まずはネタ集めから。意外と身近なところにブログのネタは転がっている!

数年ブログを続けてきて思うのは、ブログのネタは日常生活の中に溢れているってことです。例えば自分が買ったもの、経験したこと、考えたことなど何でもコンテンツになります。時には友人との会話や電車の中で偶然見かけた広告からアイディアが思いつくことも。

でもたまに身近すぎてそれに気づけなくて「ブログのネタがない!!!」とスランプに陥ってしまうことがあるんだよね。

日常の中に転がっているアイディアをきちんと拾い上げてコンテンツ化するためには常にアンテナを広く張っておくことが大事

毎日チェックしている海外のニュースサイトとポッドキャスト / SNSを活用した質問箱

例えば自分の専門分野以外に関する本やブログにも目を通したり、外に出て人に会ったり、行ったことのない場所へ足を運んでみたり。SNSで質問箱を設けて読者のリアルな声を聞いてみるのも良かったです。ブログのインスピレーションって本当にどこに転がっているかわからない!!!

そして、思いついたアイディアはすぐバレットジャーナルかiPhoneのメモ帳にメモしておきます。これを習慣化していると、”自分ではコンテンツになるとは思っていなかったけれど実は良いコンテンツになること” が次々と見えてくるようになりました。

 

② そのキーワードは需要ある? 検索ボリュームをチェック

ブログ記事のネタとなるキーワードが見つかったら、今度はそのキーワードにどのくらい需要があるのか(=読者が求めている情報なのか)を実際にグーグルで検索してみたり、「キーワードプランナー」というツールを使って調べます。ある程度検索ボリュームがあることがわかったら、記事作成をスタート。

とはいっても、最近は「hey sister」「hey sister ブログ」といった指名検索も増えてきたので、SEO対策にはそこまで力は入れていません。もしキーワードの検索ボリュームが少なくても、リピーター読者さんが好きそうな内容なら記事にしちゃいます!
 

③ しっかりリサーチして信頼度の高い情報をお届け

記事で取り上げるトピックが決まったら徹底的にリサーチします。同じキーワードですでに記事を書いている人はいるか、もしいる場合はどんな内容なのか、実際にグーグルで検索してチェック。同じキーワードでもどうすればオリジナリティのあるコンテンツを作れるか、ということを考えながら見ていきます。

また、読者に馴染みのないキーワードや内容を取り上げる場合はネットや本を使って研究します。取り扱うキーワードについて自分がよく理解しておかないとね!
 

④ 記事作成!自分が感じたことや思ったことを正直に書く

記事作りで一番心がけているのは正直でいること。どんな記事でも自分が感じたことや思ったことを正直に書き、等身大の自分たちをお見せすることで読者との信頼関係を築いています。また、コスメや購入品のレビュー記事だけでなく色んな人たちのリアルな経験やストーリーもシェアしている理由は、読者とより精神的なレベルで繋がることができると思うから。

例えば私は「自分の外見が嫌い…。コンプレックスだらけだった私が「自撮り」を通して学んだこと」で10代の頃から抱えてきた容姿に対するコンプレックスについて書きました。自分が長い間抱えてきた悩みをブログ上で公開することには不安もありましたが、結果的に多くの方に共感していただけたので書いてよかったなと思っています。

妹は「ある日わたしはパニック障害になった」でパニック障害で苦しんだ過去を告白しました。私は彼女がパニック障害と戦っている姿をそばで見てきたので、それがどんなに辛いことだったかよくわかります。しかし勇気を振り絞ってシェアしたことで、思いがけない人から「私もパニック障害だった」と告白されたり、「辛かったと思うけど書いてくれてありがとう」というメッセージが届いたそうです。

HEYSISTERは自分たちの好きなモノ・コトを発信する場所として2年前にスタートしましたが、いつの間にか素の自分でいられる場所になっていました。だから読者の皆にとってもそうであったら嬉しいな。

 

⑤ 写真撮影・ビジュアル作成

記事の構成が決まったら内容に合ったビジュアルを用意します。HEY SISTERでは文章と同じくらいビジュアルを大切にしているので、このステップで時間を取られることもしばしば。最近は文章を流し読みして写真メインで見るという人も増えているので、視覚的にも楽しんでもらうためかなり時間をかけてます。

必要に応じて自宅で簡易的な撮影セットを作って写真撮影をすることもあるのですが、そのあたりについてはまた別の記事で詳しく書きますね!
 

⑥ 記事を公開

文章と写真が用意できたら、公開前に一度姉妹で互いの原稿をチェック。「ここはもっとこうした方が良いんじゃない?」「これはどういう意味?」などフィードバックし合います。(第3者の意見ってめちゃくちゃ大事!)PR記事の場合はこの前に一度クライアントに原稿を確認してもらうこともありますが、基本的には姉妹のフィードバックの後すぐに公開!
 

まとめ

今回はHEY SISTERのコンテンツ作りのプロセスについて書いてみました。(タイトルではちょい見せと言いつつかなり詳しめに書いちゃった笑)こんな感じでHEY SISTERの記事はできているんだ〜ってことを知っていただけたのではないかと思います。次の記事もお楽しみに!

 

ABOUTこの記事をかいた人

Mayuko

1991年生まれ。大学卒業後ニューヨーク留学中にKaekoとHEY SISTERを立ち上げ、ライター活動を開始。帰国後は当サイトを運営する傍らフリーランスライターとしてファッション、ビューティー系媒体で翻訳や寄稿を行う。海外のビューティーブランドを試すのが趣味。最近興味があることは、サステイナビリティとセルフケア。