季節の変わり目に大活躍するアイテムとは?夏〜秋におすすめのコーデ12選。

徐々に秋めいた気候になってきましたが、まだ外に出ると暑い日もありますよね。体温調節が難しい季節の変わり目は「何を着たらいいの!?」とお悩みの方も多いはず。

私もこの時期になるといつも服装迷子になってます(笑)

今回の記事では、海外スナップで見つけたおしゃれな秋コーデと着こなしテクニックをご紹介!ぜひこれからのワードローブ計画に役立ててくださいね。

① 「ブレザージャケット」を重ねて夏コーデをアップデート

秋の必須アイテムといえば、ブレザージャケット。私も何着か持っていますが本当に便利!!!ワンピースやTシャツの上に羽織るだけでこなれた秋の装いが完成するのでコーデに迷った時の強い味方。
 

何かと便利なジャケットですが、今っぽく着こなすならマキシワンピとの組み合わせがおすすめ。かっちりとした印象の上半身に対して、足元はサンダルで軽やかな雰囲気に。

 

ジャケット × デニムは個人的に好み。秋冬の私はこんな格好ばかりしてます(笑)インナーやシューズはその日の気温に合わせてTシャツ&サンダル、薄手のニット&ブーツにチェンジ。
 

もう少しトレンド感のあるジャケットコーデに挑戦したいという人は、バイカーパンツとカウボーイブーツの組み合わせにトライしてみて!スポーティーなバイカーパンツもフォーマルなジャケットと合わせば大人でもシックに着こなせます。
 

 

② 巻いて、羽織って。「カーディガン」が使える!

ブレザージャケットとと同じく、脱いだり着たりしやすいカーディガンも季節の変わり目に重宝するアイテムです。トップスとして着るのはもちろん、レイヤリングしたり、肩から巻いたり、意外とアレンジが効くのもカーディガンの良いところ。
 

日中暑い日は、肩からカーディガンを巻いて。“たすき掛け” スタイルは最近北欧のファッショニスタたちの着こなしでよく見かけます。これだけでも秋っぽい装いに昇華しますね!
 

カーディガンはデニムと好相性です。ジャケットよりもカジュアルな印象になるので、デニムの上にさらっと羽織ってこなれた休日コーデに仕上げましょう。
 

ちょっぴりタイトなカーディガンは、ボタンを留めてトップスに。胴長に見えがちなロングカーディガンは、ベルトでウエストマークしてみましょう。視覚的に腰の位置が高く見えるのでスタイルアップ効果がありますよ!
 

 

② 「スリップドレス」はインナーをプラスして秋モードにシフト

涼しげなムードのスリップドレスは真夏のワードローブに欠かせないアイテムですが、インナーをプラスすれば秋まで大活躍!薄手のニットやシャツなど手持ちのインナーを投入してコーディネートの幅を広げてみましょう。
 

シックでセクシーな黒のスリップドレスは長袖のカットソーを合わせるとカジュアルな雰囲気に。ブラックはどんな色とも合わせやすいので、インナーで色を取り入れればマンネリしがちな秋のワードローブの鮮度がアップ。
 

きれい目なシャツやブラウスと合わせても素敵!ちょっとした食事会やイベントなどフォーマルなシチュエーションにもぴったりなコーデ。
 


 

まとめ


今回は、夏→秋の季節の変わり目に参考になる海外スナップと着こなしのアイディアをご紹介しました。記事で紹介した内容をまとめると、

① 「ブレザージャケット」を重ねて夏コーデをアップデート
② 巻いて、羽織って。「カーディガン」が使える!
② 「スリップドレス」はインナーをプラスして秋モードにシフト

ぜひ取り入れてみてくださいね!
 

 

ABOUTこの記事をかいた人

Mayuko

1991年生まれ。大学卒業後ニューヨーク留学中にKaekoとHEY SISTERを立ち上げ、ライター活動を開始。帰国後は当サイトを運営する傍らフリーランスライターとしてファッション、ビューティー系媒体で翻訳や寄稿を行う。海外のビューティーブランドを試すのが趣味。最近興味があることは、サステイナビリティとセルフケア。