「メリー・ポピンズ・リターンズ」がついに公開!主役エミリー・ブラントのメイクを今すぐチェック

1964年に公開された「メリー・ポピンズ」の続編「メリー・ポピンズ・リターンズ」がついに2019年2月1日から日本でも公開されますね!幼い頃何度も観るほど大好きだった映画の一つだったので、私も劇場に足を運ぶ予定です。

今回は「メリー・ポピンズ・リターンズ」の日本公開にちなんで、メインキャストであるエミリー・ブラントのメイクを詳しくご紹介。アジア人でも取り入れやすいナチュラルなメイクなのでぜひ参考にしてみてくださいね!

エミリーメイク①


こちらはパリで行われた「メリー・ポピンズ・リターンズ」のプレミアイベントに登場した時のエミリー。全体的にナチュラルに仕上げられていますが、口元は鮮やかなレッドリップにすることで一気に華やかな雰囲気に。
 

使用コスメは?

1. マークジェイコブス バイオレット ノア ボリュームマスカラ / 2. クレ・ド・ポー ボーテ  コレクチュールヴィサージュ / 3.SC コンシーラー・ファンデーション(SPF15 PA++++) /  4. Charlotte Tilbury Airbrush Flawless Finish /  5. NARS フォーゲットミーノット オーデイシャスリップスティックパレット / 6. HOURGLASS Ambient Lighting Blush Collection / 7. HOURGLASS Arch Brow Shaping Gel 


この日のメイクのポイントはやはりビビッドな赤リップ。カラーレスな目元にパキッとしたレッドリップをナチュラルに取り入れて、ワンランク上のメイクに仕上がっていますね。

アイラインはまつげの間を丁寧に埋めていくのがポイント。マスカラをしっかりと塗ればアイメイクは終了。アイブロウは眉マスカラで毛並みを揃えます。(色ムラにならないように気をつけること。)
 

 

 

エミリーメイク② 


Diorの2018年クチュールコレクションに出席した時のエミリーは、リップもチークも淡いカラーを使っておりエレガントな印象です。ヘアはローポニーテールで品のあるこなれ感を演出。
 

使用コスメは?

1. カプチュール ドリームスキン 1ミニット マスク / 2. ディオールショウ プロ ライナー ウォータープルーフ / 3. ディオールスキン フォーエヴァー コンシーラー / 4. ディオールスキン ヌード エアー パウダー コンパクト(ミニカブキブラシ・ポーチ付)/ 5. ディオール ダブル ルージュ リップスティック 288 ミス クラッシュ / 6. カプチュール ユース グロウ ブースター / 7. ディオールスキン フォーエヴァー アンダーカバー / 8. ディオール サンク クルール #887 スリル / 9. DIORBLUSH COLOUR & LIGHT 002 / 10. カプチュール ユース クリーム (全てクリスチャン・ディオール)


ポイントはメイクをする前の肌の状態を完璧にしておくこと。スキンケアを念入りに行うと化粧ノリもよくなります。アイシャドウやアイライナーはパープル系の物を使用。大人っぽくシックで洗練された印象に仕上がります。最後にパールを配合したピンク系リップで、唇に光沢を出して華やかに。
 

 
 
 

エミリー・ブラント愛用のリップは? 


リップはメイクさんではなく自分で塗るのがエミリーのこだわりだそう。

今年の1月に行われた「Critics’ Choice」に出席した時は、ディオールのルージュ ディオール ウルトラルージュの485番を使用。知的でゴージャスな印象に仕上がるベージュ系ピンクです。ピンクのアイシャドウとリップカラーをマッチさせると、よりこなれた感じがしますね。
 

 

まとめ

今回は、「メリー・ポピンズ・リターンズ」主演のエミリー・ブラントのメイクについてご紹介しました。エレガントで品のあるエミリーのメイクとても参考になりますよね。

プロのメイクアップアーティストさんが使っているコスメはどれも使ってみたいものばかり。ぜひ皆さんも気になるアイテムをメイクに取り入れてみてくださいね!

(参考:エミリーの担当メイクさん @jennstreicher@marywilesmakeup
 

ABOUTこの記事をかいた人

Kaeko

1996年生まれ。大学卒業後、現在専門学校でグラフィックデザインを勉強中。Hey Sisterでは、ライティングとビジュアルデザインを担当。食べることが誰よりも大好き。趣味は料理、アート鑑賞、色んなモノ・コトのリサーチ、ヴィンテージショップ巡り。韓国のアイドル・女優のメイクを研究するのも好き。マニアックな美容情報をお届けします。