「オーガニック」ってそもそもなに?食材選びのコツは?

organic-pesticide-2

以前私が書いた「食品添加物って恐ろしい… 自分の食生活を見直してみよう。」という記事に対して「自分が食べているものを見直すきっかけになった!」「これから原材料をきちんと確認して食生活を送りたい。」など様々なフィードバックを頂きました。予想以上に多くの方に読まれており、嬉しい限りです。そこで今回は、「オーガニック」と「無農薬」という言葉の意味の違いについてフォーカスしてみることにしました。
 
最近では日本のおしゃれなライフスタイル雑誌やスーパーなどで「オーガニック」という言葉をよく目にするようになりましたが、その意味をはっきりと理解できている人は少ないのではないでしょうか。私もまだよくわかっていなかった頃は、「オーガニック=体に良さそう」という超なんとなくのイメージで食べ物を選んでました(恥)
 
この記事では、「オーガニック」という言葉の意味と食材選びのコツを解説していますので、次回からのお買い物の参考にしてみてください。

 

明確な規定がある「オーガニック(有機)」

organic

オーガニックは有機と同じ意味です。オーガニック(有機)は国によって規定が異なるそうですが、日本ではJAS規格を採用しており、これがまたものすごく厳しいんだとか。このJAS規格の大まかな定義は、
 
・2年以上前に土づくりの段階から化学肥料や禁止された農薬を使用しない
・遺伝子組み換え技術を利用しない

 
この条件を満たしている商品にだけこの有機JASマークをつけて売ることが許可されています。なので、このJAS認証を取得していないものに関しては、「オーガニック」や「有機野菜」などの言葉は表記してはいけません。(JAS規定に違反すると罰則が与えられます。)また、オーガニック=無農薬と思われがちですが、オーガニックは一部の農薬の使用は認められているため「無農薬」とは異なります。
 
日本ではオーガニック食材はまだ値段が高く、なかなか気軽に取り入れにくいというのが現状。
 

organic-2

 

 

規定はないけど農薬を使っていない「無農薬」

pesticide

無農薬は、栽培期間中に農薬を使用せずに作っているものを意味します。”栽培期間中に”ということなので、もし栽培期間外に土壌に農薬をまいていたり、農薬が残っていたりしても”栽培期間中に”は農薬を使っていないことになるので、無農薬食品として扱われることになるんですね。
 
しかしこの無農薬という表記は一切の残留農薬がないという誤解や、有機野菜よりも安全だというような誤認を与えてしまう恐れがあるため、今は使用してはいけないことになっています。
 
無農薬の代わりに「特別栽培農産物」という名称をつけることが推奨されています。この名称をつける基準はあるものの、あくまでもガイドラインなので違反をしても罰則は今のところありません。ただ、この「特別栽培農産物」は消費者の間では浸透していない言葉である上に、表記しても売れにくいため生産者さんの多くは「無農薬」と表記せざるを得ない状況にあるそう。
 
では、JAS認証を取得すれば良いんじゃないの?と思うかもしれませんが、JAS認証取得は手間と費用もかかるため、作り手側にとって大きな負担なんです。そのため、取得しない選択をする生産者さんも多くいらっしゃいます。取得していないからと言って、安全ではないということではないのでそこは誤解してはいけません。JASを取得していなくても完全に農薬を使わず、使用する土もこだわって農作物を作っている方も多くいらっしゃることを覚えておきましょう。

 

食材を選ぶ時のポイントは?

grocery-shopping-2

この違いをふまえて、私はできるだけスーパーでは「JAS規格」のマーク付きの野菜を選ぶようにしています。もちろんその時の経済状況などによって違う選択をすることもありますが、マーク付きの野菜・「特別栽培農産物」の野菜・何も表記のない野菜の3つの中だったら、やっぱり厳しい審査にクリアしている方を手に取りますよね。
 
けれど先ほども書いたように、JAS取得していなくても私たち消費者のことを考えて大切に農作物を育てている農家の方もいるので、「絶対にJASじゃないとダメ!」と神経質になる必要はないと思います。
 
結局のところ、どの食材を選ぶかは自分次第。自分が食に重きを置いているのであれば多少高くてもオーガニックのものを選択すれば良いし、金銭的に毎日JASマーク付きの食材を買うのはキツいというのであれば、JAS認証を取得していなくても安心できる生産者さんから購入するのでも良いと思います。

 

まとめ

「オーガニック(有機)」「無農薬」の違いは、とっても混乱しやすくなんとなくのイメージを持っている人が多かったのではないでしょうか。私自身も今回この記事のおかげでもう一度復習することができました。やっぱり食べることって生活の一部だからこの違いを理解しておくのはとても大切だと思います。
 
最後にまとめると、
 
「オーガニック(有機)」・・・有機JAS認証を取得しているもののこと。有機JAS認証を取得していなければ、「オーガニック」「有機野菜」などとは表記してはいけない。これに違反した場合は罰則が与えられる。
 
「無農薬」・・・栽培期間中に農薬を使用せずに作っているもののこと。一切の残留農薬がないという誤解や、有機野菜よりも安全だなどの誤認を与えてしまう恐れがあるため無農薬という表記を使用することは禁止されている。代わりに「特別栽培農作物」と表記するのが好ましい。違反しても罰則はなし。
 
今回のテーマについて掘り下げていくと、かなり奥深く様々な見解があり難しいなと感じました。でも、食品に表記されているその言葉だけに満足してしまうのではなく、本来の意味を理解することで、正しく安心・安全な食材選びをすることができると思います。健康な食生活を送っていくためのヒントになれば嬉しいです。
 

ABOUTこの記事をかいた人

Kaeko

大学卒業後、現在専門学校でグラフィックデザインを勉強中。Hey Sisterでは、ライティングとイラストを担当。食べることが誰よりも大好き。趣味はアート鑑賞、色んなモノ・コトのリサーチ、ヴィンテージショップ巡り。美容・コスメオタク。マニアックなビューティー情報をお届けします。