「シャネル マツリ」が京都にやってきた!シャネルが仕掛ける4つの屋台を体験レポ

東京では一足早く開催された「シャネル マツリ(CHANEL MATSURI)」がいよいよ京都に上陸!「シャネル」と「京都」といえばちょうど去年の今頃、烏丸御池のしまだいギャラリーで赤をテーマにしたイベント「ルルージュエアカ」が開催され大きな話題を集めましたね。

今回も赤が主役ですが、テーマは “お祭り”。ラグジュアリーなシャネルが仕掛ける4つの屋台を一通り体験してきました。

会場は和モダンなシャネルワールド

烏丸通りをまっすぐ歩き、一本路地を曲がると今回のイベント会場である六角堂が現れます。聖徳太子が創建したと言われている歴史的なお寺なんだそう。
 

普段はひっそりと佇んでいる六角堂が、シャネルのロゴが入った真っ赤な提灯や縁台、のれんで飾られお祭りムード満点です。日本の伝統とシャネルの赤が融合して生まれる世界はシックで和モダンな印象。
 

会場のスタッフたちもロゴ入りのはっぴを着用しています。
 

思わずシャッターを切りたくなってしまうような魅力的なフォトスペースも満載。ライトアップされた提灯の前でフォトジェニックな一枚を撮りたいなら夕方以降に訪れるのが良さそう。
 

会場には京都らしく、可愛らしい舞妓さんの姿が。
 

タッチアップコーナー

屋台をイメージしたタッチアップスペースではシャネルの新作リップやチーク、マニキュアなどを自由に手にとって試してみることができます。
 

私は気になっていた「ルージュ アリュール リクイッド パウダー(10月5日発売)」を手に取りました。塗り始めはリキッドなのに唇の上で伸ばしていくとパウダー状に変化する新感覚のマットリップ。とても軽いつけ心地で、パウダーをぼかしたようなふんわりしたマットリップに仕上がります。
 

スーパーボウルすくい

お祭りがテーマということで、イベント会場には昔懐かしいスーパーボウルすくいコーナーも。幼い頃、近所の夏祭りで妹や家族と一緒にいくつゲットできるか競い合って盛り上がったのを思い出しました。今回数年ぶりの挑戦でしたが、こういうのが得意だった私はあっという間に3つすくい上げました。

ちなみにサイズも質感も異なる真っ赤なスーパーボウルはシャネルの新作リップのカラーに合わせているそうです。
 

千本引き

場所を移動し屋内では、多数のひもの中から一本引くとオリジナルグッズが当たる千本引きコーナーが。シャネルの公式LINEからアンケートに答えると1回トライすることができます。ワクワクしながら一本引き抜くと、オリジナルスティッカーが当たりました。どこに貼ろうかな〜。
 

こちらの千本引きはハズレなしで、スティッカー以外にフルメイクアップが受けられるサービスチケットや製品サンプル、オリジナルブレスレットが用意されています。
 

おみくじ

最後はココ・シャネルの名言が描かれたおみくじで締めくくり。赤いおみくじ箱にはシャネルにゆかりのある数字が描かれています。
 

直感で選んだくじには「チャンスとはそれに気づき、自らつかむ術を心得ている人のもとだけに、舞い降りるもの。オプティミズムに火がつく瞬間やつむじ風が巻き起こる時のように、それは突然訪れる。」というメッセージが。これは何か大きなチャンスが舞い込んでくる予兆なのでしょうか・・・!? こちらは記念に持って帰りました。
 

まとめ

赤で彩られたシャネルのお祭りは、歴史ある六角堂というロケーションも相まってなんとも粋でモダンな空間でした。童心に返ってスーパーボウルすくいや千本引きで遊んでみるのも良いし、ゆっくり縁側に座ってシャネルが魅せる赤の世界に浸るのも良しです。

京都へお出かけの際はぜひ足を運んでみてはいかが?
 
開催期間:2018年10月13~21日
時間:11:00~19:00
場所:六角堂 頂法寺
住所:京都府京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町248

 

ABOUTこの記事をかいた人

Mayuko

1991年生まれ。大学卒業後ニューヨークに留学中にKaekoとHEY SISTERを立ち上げ、ライター活動を開始。帰国後は当サイトを運営する傍らフリーランスライターとしてファッション、ビューティー系媒体で翻訳や寄稿を行う。海外のビューティーブランドを試すのが趣味。スキンケアオタク。