ロンドン留学生がおすすめするマーケット5選。週末はロンドンで宝探しに行こう!

こんにちは、ゲストライターのNanaseです!

私は2016年の5月から今年の5月までの2年間ロンドンに留学していました。まずは語学を学んでから日本のガイドブックにも載っている人気のカフェレストランで働き、ロンドンでの生活を満喫して日本に戻ってきました。

留学中に好きだったことの一つといえば、マーケット巡りです。ロンドンでは各地でたくさんのマーケットが開催されていますが、今回は私が毎週のように通っていたお気に入りの5つをご紹介。

1. ポートベロー・マーケット

映画『ノッティングヒルの恋人』の舞台となったノッティングヒル。高級住宅街として有名で、おしゃれなショップやカフェがたくさんあります。

毎週土曜日に開かれるポートベロー・マーケット(Portbello Market)ではアンティークのお店が多数出店し、数キロにも渡ってヴィンテージの食器やアクセサリー、鞄、洋服などを販売しています。宝探しのような感覚でお気に入りの一品が見つけられるはず!
 

ちなみに私はノッティングヒルで働いていたので、毎週のようにマーケットに通っていました。

ウェストボーン・グローブ(Westbourne Grove)とコルビル・テラス(Colville Terrace)の間にはヴィンテージアクセサリーやファーコートのお店がたくさんあります。また、ゴルボーン・ロード(Golborne Road)からポートベロー・ロード(Portbello Road)へと続く道は観光客が少なく、ローカルなカフェやアンティークのお店があって私は好きでした。

ノッティングヒルは本当にきれいな場所なので曜日関係なくぜひ行ってみてほしいです。

Portbello Market 
ポートベロー・マーケット

住所 : Portobello Road, London W11
営業時間 :
月〜水 9:00 ~ 18:00
木曜日 9:00 ~ 13:00
金・土 9:00 ~ 19:00 (アンティーク市のメイン日は土曜日)
アクセス:地下鉄ノッティングヒルゲート駅より徒歩10分

http://www.portobelloroad.co.uk/

 

2. コロンビア・ロード・フラワー・マーケット

多くのアーティストが集まるおしゃれな街、イーストロンドンでは毎週日曜日にコロンビア・ロード・フラワー・マーケット(Columbia Road Flower Market)が開かれています。

日本はドライフラワーが人気ですが、ロンドン含めヨーロッパでは自宅に生花を飾るのが日常。コロンビア・ロード・フラワー・マーケットは一般人でも入場可能なため、毎週多くのロンドナー達がお花を買いに来ます。

マーケットは朝の8時頃から15時頃まで開かれていて(売り切れ次第終了)、切り花がメインですが苗や多肉植物もちらほら。周辺にはおしゃれなカフェや雑貨屋もたくさんあります。

お昼頃は大混雑で歩くのも一苦労ですが、朝は比較的空いていて14時頃からはお花がかなりお安くなるので、朝早くか終わり頃に行くのがおすすめ。

フラワーアレンジメントをしていた私にとってはたまらないマーケットでした。日本ではあまり見られない生花のマーケットに是非行ってみてください。

Columbia Road Flower Market 
コロンビア・ロード・フラワー・マーケット

住所 : Columbia Road, London, E2 7NN
営業時間 : 毎週日曜日 8:00〜売り切れ次第終了
アクセス:地下鉄リバプール・ストリート駅から徒歩15分

http://columbiaroad.info/home.html

 

3. カムデン・ロック・マーケット

ロンドナーからも観光客からも大人気のカムデン・ロック・マーケット(Camden Lock Market)は今まで紹介してきたマーケットの中では最大規模。

広い敷地に古着、アクセサリー、アート作品などのショップに加えて、ハンバーガー、ケバブ、クレープなど食べ物スタンドもたくさん出店しています。価格帯は比較的安めなので、お土産さがしにもぴったり。曜日関係なく開かれており、土日は特に混雑します。

ここに来たら欲しいものや食べたいものが必ず見つかるので、ロンドンのマーケットを一度に全て体験してみたいという人におすすめ。

Camden Lock Market
カムデン・ロック・マーケット

住所 : Camden Lock Pl, Camden Town, London NW1 8AF
営業時間 : 10:00 ~ 18:00
アクセス:地下鉄Camden Town駅から徒歩約1分

http://www.camdentown.co.uk/

 

4. バラ・マーケット

ロンドンブリッジ駅から徒歩数分の場所にあるバラ・マーケット(Borough Market)。ロンドンでは有名なフードマーケットなので、友達や家族がロンドンに遊びに来た時は必ず連れて行っていました。

バラ・マーケットはビッグベンや現代アート美術館のテートモダン、タワーブリッジ、ロンドン塔といった観光スポットの近くに位置していることもあり、ロンドナーだけではなく多くの観光客で賑わいます。

肉、魚、野菜の他に、美味しいフードスタンドがたくさんあるので食べ歩きにはもってこい。他にもワイン屋さんやオイル屋さん、調味料を扱うお店が豊富でお土産選びにもおすすめのマーケットです。

Borough Market
バラ・マーケット

住所 : 8 Southwark Street, London, SE1 1TL
営業時間 :
月〜木 10:00 ~ 17:00
金曜日 10:00 ~ 18:00
土曜日 8:00 ~ 17:00
アクセス:London Bridge駅から歩いて2分

http://www.boroughmarket.org.uk/

 

5. オールド・スピタルフィールズ・マーケット

おしゃれな街、イーストロンドンのショーディッチにあるオールド・スピタルフィールズ・マーケット(Old Spitalfields Market)。

曜日によってマーケットの内容は変わるのですが、ヴィンテージやデザイナーによるアクセサリーのお店、フードスタンドなど個性豊かなお店がたくさん出店しています。リバプール・ストリート駅からは歩いて10分ほど。

私のおすすめは木曜日のアンティークマーケット。アクセサリーや骨董品、カメラ、本など、アンティーク物がたくさん並んでいます。ノッティングヒルのアンティークマーケットよりも洗練されていますが価格は若干高め。

近くには多くの路面店やカフェがたくさんあるので、ショーディッチエリアはロンドンのおしゃれエリアを散策するのにはおすすめです。

Old Spitalfields Market
オールド・スピタルフィールズ・マーケット

住所 : 16 Horner Square, London E1 6EW
営業時間 :
月〜金 10:00 ~ 20:00
土曜日 10:00 ~ 18:00
日曜日 10:00 ~ 17:00
アクセス:地下鉄Aldgate East駅から徒歩約7分

https://oldspitalfieldsmarket.com/

 

まとめ

今回は私がロンドン留学時代に通った5つのマーケットを紹介しました。これからロンドンに行かれる方や留学中の方はぜひ足を運んでみて下さいね!

(※2018年11月現在の情報です。最新情報は公式サイト等でご確認ください。)

 

ABOUTこの記事をかいた人

Nanase

都内で看護師として働いた後、2年間イギリスへ留学。留学中にフラワーアレンジメントの資格を取得し、ヨーロッパのほとんどの国を旅行。帰国後は北海道の大自然の中で暮らしています。趣味は旅行、美術館巡り、キャンドル・オイル集め。美容・健康オタク。色んなことに興味があり、リサーチするのが好き。