恵比寿でAFURIのラーメンを初めて食べて世界を虜にした理由がわかった

先日、ミシュランガイドにも掲載された「AFURI(阿夫利)」に初めて行ってきました。
 
AFURIはとある雑誌で”日本一のラーメン”と紹介されているほどの実力派ラーメン店です。今回初めて食べてみてその理由に納得。

AFURI 恵比寿店への行き方・アクセス

AFURIは都内にいくつか店舗がありますが、今回私たちが行ったのは恵比寿店。JRの恵比寿駅西口からは徒歩で約3分ほどでした。外観はとてもスタイリッシュで、女性一人でも入りやすい雰囲気です。
 
私たちが行ったのは18時くらいでしたが、並ばずに席に案内してもらえました。

AFURIの看板メニュー、柚子塩らーめん

まずは自販機でチケット購入

お店に入ったらまずは自販機でチケットを購入するスタイル。ヴィーガンらーめんとか柚子辣湯麺とか色々気になるものがあったけど、今回は定番の塩らーめんをオーダーしました。

席に着くとまず鶏油の量を聞かれます。店員さん曰く、ゆず塩らーめんと相性が良いのはまろ味だそう。

次にチャーシューを「鶏チャーシュー」に変更するか聞かれます。ダイエット中の方やヘルシーな方がお好きな方は鶏がおすすめ。

らーめん待ちの図。

お待ちかねの柚子塩らーめん

10分も待たないうちに、AFURI渾身の柚子塩らーめんが登場。
 
トッピングは炙りチャーシューに味玉、海苔、メンマ、水菜。味玉の上には削った柚子の皮が乗ってます。スタイリッシュでおしゃれな装いのらーめんですね。これは女子が好きな感じ。

ダイエット中の姉は、鶏チャーシューをチョイスしてました。

こだわっているという塩スープは、鶏と魚介のバランス感が絶妙。旨味や深さはしっかりと感じさせつつ、ほんのりと柚子が香って爽やかであっさり。気を抜いたらスープを飲み干してしまいそうなほど美味しいので、ダイエット中は注意ですね。

麺は歯切れの良い極細麺で歯ごたえはしっかり。この麺がスープによく絡む絡む。全粒粉麺のため茶色つぶつぶが特徴です。
 
そもそもAFURIという店名は、神奈川県丹沢山系の東端に位置する阿夫利山に由来して付けられています。この阿夫利山の麓から湧き出る天然水を使ってスープを仕込んでいるんだそう。
 
また、気候、湿度、火加減、時間における全てにおいてこだわっているからこそ、繊細で奥深い旨味がギュッと詰まったスープが出来あがってるんですね。

実はAFURIは海外進出していた

海外からのラブコールも多いAFURIは、初の海外進出にアメリカのポートランドを選びました。
 
その理由は、清らかな水資源に恵まれた場所であったからだそう。阿夫利にとって水はラーメン作りをする過程でとても重要であり、質の高い水を使用することで最高品質のラーメンになると考えているそう。
 
こうしたラーメンに対する強い想いが世界中の人に愛される理由なんでしょうね。

AFURI 阿夫利 (恵比寿店)
 
住所:東京都渋谷区恵比寿1-1-7 117ビル 1F
営業時間:11:00AM – 5:00AM
休業日:なし
 
公式サイト:http://afuri.com/