おしゃれもエコも楽しみたいあなたへ。エシカルファッションについて学べる本4冊をご紹介。

フェアトレード、エシカル、エコフレンドリー、サスティナビリティ…etc。最近はこういった言葉がメディアでも取り上げられるようになったので、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

私は大学生の時にこれらのキーワードに出会い、ファッションに対する意識が180度変わりました。このことについては「私がファストファッションをやめた理由。 〜エシカルファッションとの出会い」でも詳しく書いているのでよかったら読んでみてくださいね。

今回の記事では、「ファッションとエコに興味があるけど、何から始めたらいいの?」というあなたのために、とっておきの4冊をご紹介します。

1. NAKED FASHION – ファッションで世界を変えるおしゃれなエコのハローワーク-

難易度:☆☆
この本は:サスティナブルな社会に向けた解決策や、その実現に向けて活躍する人たちについて学ぶことができる

あらすじ :

女優のエマ・ワトソンやエシカルファッションの先駆者となった「People Tree」の代表サフィア・ミニーをはじめとする活動家50名のインタビューと、それぞれの過去の体験がどのように行動を起こすきっかけになったのかをまとめた一冊。ファッション業界の裏側から具体的なアプローチ方法、持続可能な社会を創るヒントを教えてくれる。

 

\おすすめポイント/

「NAKED FASHION」は、ファッション×エコ初心者向けのガイドブックのような本。私が「NAKED FASHION」を読んだのは、ちょうどエシカルファッションに興味を持ち始めていた頃で、当時迷いもなく買ったのを今でも覚えています。ファッション業界の実情から、様々な分野での新しい取り組みや考え方、第一線で挑戦し続ける人たちの体験談などがまとめられており、自分が知りたかった情報が一冊の本として私の元に届いたような感覚でした。様々な情報が行き交う中で何が正しいのか、自分にとってベストな選択肢は何かを導いてくれます。
 


 

2. VOGUE JAPAN 2019年2月号

難易度:
この本は : 環境に配慮した取り組みを推進するアパレルブランドやデザイナーについて楽しく学べる

あらすじ :

VOGUE2月号のテーマに大きく掲げられたのは “ファッション業界のサスティナビリティ”。ファッションは自分を表現するツールの一つであり、環境や動物たちを傷つける必要はない。バーバリーやステラ・マッカートニーをはじめとするハイブランドからH&Mやアディダスといったカジュアルブランドまで新革命ムーブメントを巻き起こす!

 

\おすすめポイント/

たまたま美容室で「Taoさんお好きそうなので…」とスタッフさんが持ってきてくれたVOGUE2月号。思わずすぐに購入しちゃいました!多くの女性の憧れであるVOGUE誌でここまで大きくサステイナブル・ファッションが取り上げられるなんて、時代も変わりつつあるなぁと実感しました。テクノロジーを駆使して生産数をコントロールするアパレルブランドの在り方や機能性を重視したデザインなど、改めて今までの消費行動を見直すきっかけになる雑誌です。身構えて「勉強しよう!」と思わなくても、パラパラとページをめくりながら楽しく読めるのが◎。ぜひお買い物するときの参考にしてみてくださいね。
 


 

2. 女子エコ日記 366 days おしゃれとエコって、両立するの?

難易度:☆☆☆
この本は:誰にでも今日から始められるエコな取り組みへの意識改革と挑戦する勇気を与えてくれる

あらすじ :

カナダ在住の女の子が1年間毎日様々なエコ活動に挑戦!その様子をブログ上で公開したところ多くの共感や称賛の声が寄せられ、書籍化となりました。エコってなんだか難しそうで、堅苦しいイメージ。今の自分の生活スタイルは変えないまま地球に優しい取り組みをするのって不可能?おしゃれにエコもそして自分の恋も頑張りたい…。思わず応援したくなっちゃう等身大の女の子のリアルなエコライフドキュメンタリー!

 

\おすすめポイント/

季節は早くも4月。心機一転して何か新しいことを始めてみたい、少しずつでも自分なりの方法で本来の地球の在り方について考えたいという方にぜひおすすめしたい本です。エスカレーターではなく階段を使う、レジ袋はもらわないなど、明日からトライしたくなるTipsがたくさん。どこにでもいる普通の女の子の心情や周囲の反応には共感する点も多く、ブログを読んでいる感覚で楽しみながら読み進められますよ!
 


 

4. 循環するファッション 新しいデザインへの挑戦

難易度:☆☆☆☆
この本は:より深く追求したい方、自分の言葉で表現したり伝えたい人向け

あらすじ :

「循環するファッション 新しいデザインへの挑戦」はイギリスで出版された「FASHION &SUSTAINABILITY DESIGN FOR CHANGE」の日本語訳版。ファッション商品・ファッションシステムの変革として環境負荷を軽減するためのアプローチやシェアリング形態の在り方についての提言、様々な役割を担う新しいデザインへの変革について体系的に学ぶことができる一冊。

 

\おすすめポイント/

私は2017年の10月に「めぐるファッションラボ in 京都」というエシカル・ファッション勉強会に参加しました。8時間×2日間という限られた時間の中で参考教材として用いられたのが「循環するファッション 新しいデザインへの挑戦」でした。今まで「オーガニックコットンが素晴らしい!」「ファストファッションは悪!」と、かなり極端に偏っていた私の断言的な考え方に警鐘を鳴らし、広い観点からベストな選択をしていく方法を考えるヒントを与えてくれた一冊。さらっと読んで、はい終わり!とはいきませんが、ファッション×エコの分野をもっと掘り下げて携わっていきたい方は必読です。自分が興味のあるトピックやキーワードに沿ってより深く追求していくのも面白いかもしれません。
 


 

まとめ

今回はファッション×エコに興味を持ち始めたら読みたい本4冊をご紹介しました。カジュアルに楽しく学びたいなら「VOGUE」「おしゃれとエコって、両立するの?」、もう少し踏み込んで学びたいなら「NAKED FASHION」「循環するファッション」がおすすめです。

ちょうど明日(4月24日)はファッションレボリューション、5月の第2土曜日は世界フェアトレード・デーです。この機会にぜひ私のおすすめした本を読んで、何かアクションを起こしてもらえたら嬉しいな。

 

ABOUTこの記事をかいた人

TAO

大阪在住の1991年生まれ。外国語大学卒業後、ECサイト運営や自らのオンラインショップ立ち上げを経験し、”人とモノを結ぶ楽しさ”を実感。現在は、貿易事務として働きながら世界を飛び回るビジネスウーマンになるべく日々奮闘中です。得意分野は海外文化全般(コスメ・美容・映画・社会学など)と語学(英語・韓国語など)。台湾・香港・韓国への旅行が大好きです。 好きなことに対しては夢中になってとことん追及する、典型的な射手座。 今の目標は"香港への移住"です。