1512389273lYdWHzGJeVU1P1h1512389253

今韓国で人気のコスメブランド『VT』って知っていますか?
 
『VT』は、グローバルなK-Beautyをコンセプトに、原材料には肌に優しい自然なものを使用しているこだわり派のブランドです。基礎化粧品だけでなく、口腔・ヘア・日用品など幅広いビューティーアイテムも取り扱っており、中でもベースメイクは定評があるようで、コラーゲンパクトというファンデーションが大ヒットしました。
 
今回の韓国旅でコラーゲンパクトをゲットしてきたので、徹底的にレビューしたいと思います!

 

レビューするのはVT コラーゲンパクト ホワイト21番

vt-12

今回私が購入したのは、VTのコラーゲンパクト ホワイト(KRW35000)。写真をご覧いただくとわかると思うのですが、BTS(防弾少年団)とのコラボ商品なんです。
 
実は元々欲しいと思っていたコラーゲンパクトのケース(黒縁のベージュ)があったのですが、こちらはテレビショッピング限定商品だそうで残念ながら手に入らず。。代わりのその商品と同じ成分を使った商品として、店員さんがおすすめしてくれたのがBTSとのコラボ商品でした。
 
お店にはベージュケースのサンプルがいくつも置いてあるのになんで店頭販売はないの???と正直思いましたが、せっかくわざわざ買いに来たのでBTSファンというわけではなかったんですが買ってみることにしました!おまけでポスターまでくれて、担いで帰りましたよ(笑)

 

コラーゲンパクト ホワイトは、美白・シワに効果のあるレッドベリーエッセンス配合

vt3

この『VT』のコラーゲンパクト ホワイトは、美白・シワに効果のあるレッドベリーエッセンスが配合されています。固形ファンデの透明オレンジ色の部分がエッセンスです。
 
BTSとコラボしたコラーゲンパクトはホワイトの他にブラックも発売されているのですが、ブラックはブラックエッセンス配合でさらなるカバー力が期待できるようです。私はカバー力よりもナチュラルなツヤ感や美白などを重視しているので、ホワイトをチョイスしました。

 

VTのパフは他のものと比べると厚め

vt4

パフは一般的に売られているクッションファンデのパフと比較すると、若干分厚いかなという印象を受けました。ファンデーションの部分がクッションではなく、固形タイプなので少し厚めのパフの方が塗りやすく、ファンデもつきやすいのだと思います。

 

テクスチャーは固めでしっとり

vt-1

テクスチャーは固形ファンデーションなので固めですが、実際に塗ってみると伸びも良く馴染みやすかったです。肌を触ってみるとかなりしっとりとしていて保湿力も高いです。ベタつきは特に感じませんでした。

 

VTコラーゲンパクトの使い方のコツ

vt-2

公式ホームページに塗り方のコツが載っていたので、それを参考にしながら実際に塗ってみました。ポイントは以下の3つ。
 
・パフでファンデーション部分とオレンジのエッセンス部分が上手く混ざるようにミックスする。
・肌のキメに沿って内側から外側に向かって塗る。
・メイクした後、必要な時は上から重ねて軽くたたく。

 

vt5

ちなみに、韓国のビューティー番組「Beauty Station The Show」では、『VT』のコラーゲンパクトを使う時に厚塗りにならないようファンデーションの量を調節するためのコツが紹介されていました。
 
パフでファンデーションをとったら、中のパクトの蓋の内側にポンポンと軽く叩いてファンデの量を調節すると良いそう。厚塗り感や肌が白くなりすぎるのを防いでくれるのでぜひやってみてくださいね!

 

ビフォーアフター

vt-11

塗る前と塗った後を比較してみると、トーンも一段とアップして肌が明るくなり、気になる毛穴やシワも綺麗にカバーされました!

 

まとめ

韓国女子たちの間では高評価な『VT』のコラーゲンパクトを実際に使ってみた結果、個人的にとても好みなアイテムでした!何が良かったのか箇条書きにしてみると、
 
・朝塗ってから、塗り直しなしでも保湿力持続。夜になってもしっとりしている。
・美白効果が高く、ナチュラルなツヤ感を出してくれる。
・少しの量でも伸びがよく、肌の馴染みがとても良い。
・化粧品によくありがちなきつい匂いも特に無いので使いやすい。

 
『VT』は今年の10月に銀座にオープンし、さらには新大久保店にもオープン予定だそう。日本からだと直接銀座店に行くか、オンラインショップ『Qoo10』で購入できますよ〜。韓国ソウルでは、現在全部で5店舗あるのでぜひ行ってみてくださいね!
 
冬は特に乾燥しやすいので、保湿力の高いこのコラーゲンパクトは本当におすすめです。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう