nyfw

大盛り上がりだったニューヨークファッション・ウィークも幕を閉じ、お次はロンドンファッション・ウィークがスタートしました。
 
ファッション・ウィークは、基本的に招待を受けた人のみが参加できるものですが、実は招待状を受け取っていない人でも楽しめる方法があるんです。
 
今回の記事では、その方法を教えちゃいます!

 

ファッションウィークってそもそも何なの?

ファッションウィークは、デザイナーたちが各都市で新作コレクションをお披露目する期間(1週間ずつ)のこと。
 
コレクションの発表形式にはショーとプレゼンテーションの2通りあります。ショーはランウェイをモデルが歩いていくタイプ。プレゼンテーションは、モデルたちが決められた位置に立っていて、招待された人たちが自由に動いて見るタイプ。
 
nyfw-1

ファッションウィークは主にニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリで行われ、エディターやバイヤー、スタイリスト、ブロガーなど招待状を受け取った人のみが参加できます。
 
ニューヨークに始まり、パリで終わるファッションウィークは全てが終了するのにおよそ1ヶ月もかかるため、招待された人たちは1ヶ月かけて各都市を飛びまわることに。売れっ子のブロガーなんかは、30分〜1時間刻みにスケジュールが入っていたりするので、それを1ヶ月もやるとなると相当体力がいりますよね。

 

ファッションウィーク中のニューヨークはどんな雰囲気?

具体的にファッションウィーク中に起こる雰囲気の変化を箇条書きにすると、
 
・足がスーパー長いモデルたちがせわしなく移動しているのを目撃することが増える
・おしゃれな人や有名人に遭遇する頻度が劇的に増える
・自分もおしゃれして出歩きたくなる
・いつもより交通渋滞が増える(タクシーが全然進まない)
・色んなところでイベントをやってる

 
って感じでしょうか。ファッションウィーク中とはいえ、関係のない人たちは(当たり前だけど)普通にいつも通り生活してます。でも、普段に比べると街全体がお祭りみたいに騒がしくなるのを肌で感じますよ。
 

nyfw-2

 

招待状がないのにどうやって楽しむの?

実はですね、ファッションウィーク中には招待状がない人も参加できるファッションイベントが結構たくさんあるんです!しかも、ほとんどが無料!「nyfw public event」とか「nyfw events open to public」といったキーワードでググるとザクザク情報が出てくるので一度検索してみてください。
 
それでは、今年2017年9月に開催されたイベントはどんなものがあったのか、具体的にご紹介しましょう。

 

1. Banana Republic × Olivia Palermoのプレゼンテーション

nyfw-4

今回のバナナリパブリック × Olivia Parelmoのコレクションは、ユニオンスクエア近くの路面店にて行われました。
 
バナリパのプレゼンは通常は完全招待制ですが、今回はメディアに加えて一般客も参加可能だったため、お店の周辺は大行列!!大混乱の中スタートしたショーは、店内からモデルが登場し外の道路に設けられたステージに上がって行くというものだったので、たまたま通りかかった人たちは「一体何の騒ぎ!?」と思っていたに違いない(笑)
 

That's a wrap! Shop @oliviapalermo's fall collection in our story #nyfw #BRxOP #itsbanana

A post shared by Banana Republic (@bananarepublic) on

さらに早めに並んでいてラッキーだった人たちは、Oliviaと会って写真が撮れたり、発表されたコレクションをすぐに店頭でショッピングすることもできるという盛りだくさんな内容のイベントでした。

 

2. GREY JASON WUのPOP UPイベント

nyfw-5

今年のファッションウィーク期間中には、Jason WuのカジュアルラインであるGREY Jason Wuがを2週間トライベッカのCadillac Houseをハイジャックして、期間中毎日様々なイベントを行うという大規模かつスペシャルな試みを行いました。
 
ネイルサロン、ヨガレッスン、ダンスレッスン、デッサンのクラスやパネルディスカッションまでとても充実したコンテンツ内容。事前にメールでRSVP(予約)しておけば、誰でも参加できます。
 

nyfw-6

その中で今回姉妹は、ヨガクラスとMan Repellerのトークショーに参加してみました。
 
ヨガの講師は、ニューヨークの人気ヨガ教室SKY TING YOGAを立ち上げた2人。朝8時から1時間みっちりレッスンを受けたので翌日は筋肉痛になってしまいました。(でもこれって、効果が出ている証拠らしい!)とにかくずっと行ってみたいと思っていたヨガクラスをこのタイミングで体験できてラッキー!
 
ロゴの入ったグレーのオリジナルヨガマットはお土産に持って帰ってきました。帰国後もこのマットを持ってヨガ教室に通おうと思います。
 

nyfw-7

それからトークショーでは、Man RepellerのAmelia Diamondの司会の元、詩人のCleo WadeとPencils of Promiseという国際教育団体を立ち上げたMeighan Stoneの2人が教育や生き方、モチベーションの保ち方などについて語ってくれました。
 

nyfw-8

他にも、UFOキャッチャーでGREY JASON WUのグッズがゲットできたり、Morgenstern’s Finest Ice Creamのアイスクリームが食べられたり、とっても楽しいコンテンツばかりでしたよ〜!

 

3. Alexander Wangのゲリラショー

Lafayette St, Soho. #WANGSS18

A post shared by ALEXANDER WANG (@alexanderwangny) on

Alexander Wangは、ブルックリンでメディア関係者のみに向けたショーを行う前にマンハッタン内ソーホー地区のストリートでゲリラショーを開催しました。SNSで情報を得た人たちが駆けつけて、一時的にストリートが大混乱状態に!
 
こればかりは直前まで予告なしだったため、偶然居合せるかSNSで情報を入手して駆けつけるかしか目撃する方法がなかったのですが、ファッションウィーク中にはこういう突然のサプライズが起きることも結構あるのでアンテナを張っておきましょう。

 

3. 体験型インスタレーション「29 Rooms」

@29rooms #29Rooms #NYFW2017 #BrightFuture

A post shared by Roma (@romas77) on

大人気のウェブメディア「Refinery 29」がファッションウィーク期間と合わせてブルックリンのウィリアムズバーグで開催している「29 Rooms」。毎年大盛況で、ものすごい列ができるほどの大人気!チケットは即完売してしまうそう。
 
「29 Rooms」とは、各国の様々なアーティストたちが集結して手がける体験型インスタレーションなんです。

 

ファッション、カルチャー、テクノロジーなどを融合させた空間は想像力が掻き立てられます。訪れた人たちが会場内で撮影した写真たちはぜひ「#29Rooms」で検索してみて。

 

まとめ

招待状なしでNYファッション・ウィークを楽しむ方法、いかがでしたか?
 
ニューヨーク旅行をあえてファッションウィーク期間中に合わせるといつもとは違うニューヨークの姿を垣間見れるだけでなく、様々なイベントに参加することもできますよ。特にファッション好きの方にはおすすめです。
 
ぜひ検討してみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう