Glossier_Vogue_Japan_1

今日は、私たちが今一番お気に入りのビューティーブランド、Glossier(発音は、グロッシエー)をご紹介します。
 
皆さんも、この淡いピンクのパッケージをSNSなどで見たことがありませんか?
 
Glossierは、全米の女子を虜にしているカルト的ビューティーブランドなんです。
 
Glossierを立ち上げたのは、VOGUE誌で働いていた経歴も持つEmily Weiss。2010年にスタートした、キム・カーダシアンなどのセレブリティーたちの愛用スキンケア用品を紹介するブログInto the Glossが人気を博し、その後、自身のブランドをローンチするに至りました。立ち上げ前から大注目されていたGlossierのローンチ後は、瞬く間に売り切れが続出。
 
実店舗を持たずに、オンライン販売のみでこれだけ成功しているビューティーブランドってとても珍しいですよね。とても気になったので、GlossierでPRを担当しているKelly Mittendorfさんに、メールで人気の秘訣を聞いてみました。
 
彼女によれば、ブランド成功の理由は徹底したブランディングカスタマーフィードバックにあるということがわかりました!
 

Glossierが人気の理由⑴ 徹底したブランディング

Glossierのブランドモットーは、”SKIN FIRST. MAKE UP SECOND. (肌本来の美しさを引き出し、メイクアップは最低限に)”。
 
これは、商品をオーダーすると届くボックスの内側にも書かれている言葉です。
 
だから、Glossierのメディアコンテンツに登場する女性たちは、どこまでもナチュラル。モデルやセレブリティーではなく、リアルの女性たちをモデルに使っていることもウケているのかな、と私たちは思っています。
 

Glossierが人気の理由(2) カスタマーフィードバック

そして、フィードバックに関して、Glossierは顧客100人を集めて徹底的に意見交換をし、リアルな意見を元に商品開発を行っているんだそう。
 
つまりは、実際に使うカスタマーの声をそのまま商品に生かしているというわけ。

 

私たちのお気に入りアイテム

glossier-7

マユコが愛用しているのは、Glossierのコンシーラーとアイブロー。
 
私は目の下のクマがひどいので、なかなか良いコンシーラーが見つからずにいたのですが、遂に理想としていたものに出会えました。
 
Glossierのコンシーラーは、薄ずき&さらっとした付け心地なので、化粧してます感がなく、とても自然。アイブローはマスカラみたいなブラシタイプ。こちらも自然な眉に仕上がります。

 

glossier-4

カエコはモイスチャライザーとリップバームがお気に入り。
 
朝洗顔後、モイスチャライザーを顔全体に薄くつけると、しっとりした肌状態になり、メイクののりが良くなります。
 
リップバームは、ほんのり薄づきなピンクがナチュラル。定番の使い方は、愛用しているNARSのリップと重ね付けすること。他社製品とも相性が良いのも、Glossierの魅力のひとつなんですよ!

 

Glossierは日本からも買えるの?

ここまでGlossierの話をしておいて残念なのは、Glossierはまだ日本には発送してくれないこと。。。
 
Kellyさんは、今、海外のファンたちにも商品を届けられるよう全力で準備をしていると言ってました!というわけで、日本からも購入できるルートを私たちで調べてみました!現時点では、
 
1) アメリカに滞在予定がある場合、オンラインで購入して宿泊先に届けてもらう (2~3日で届きました!)
2) ニューヨークのショールームで直接購入する
3) eBayなどの海外オークションサイトで購入する
4) Net-a-porter (リップバームのみ)で購入する
 
の3つの方法がありますよ!気になった方は是非チェックしてみてくださいね。
 
In collaboration with Glossier. Special thanks to Kelly for your generous support and gifts!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう