シャネルの新作「ル ブラン コンパクト クレーム」を1日つけてみたレビュー

chanel-pact

発売前から心待ちにしていたシャネルの春の新作「ル ブラン コンパクト クレーム」。一足早く空港の免税店でゲットすることができたので、詳しくレポートしたいと思います。今回は、真夏の国シンガポール滞在中のレポなので、夏の気温となります。(スプレータイプの日焼け止めはこまめに塗ってます)これからの季節の参考にして頂ければと思います。

 

使用したのはシャネル ル ブラン コンパクト クレーム 10 ベージュ

chanel-pact-1

私が購入したシャネルの「ル ブラン コンパクト クレーム」は免税店では先行販売されていたため、一足先に7000円で購入することができました。とにかくこのケースが可愛すぎるので使うたびにときめいてます💓 やっぱりケースって重要ポイントですよね!
 
色は自分の肌よりも若干明るめの10番 ベージュを選んだのですが、白すぎず適度にトーンアップしてくれるのでとても気に入っています。
 
このファンデーションは、クッションファンデではなく固形タイプ。付属のスポンジは指を入れる部分がないシンプルなものです。個人的にこのスポンジが少し残念でした。質素なスポンジのため少し塗りにくいんですよね。なので、クッションファンデなどに付いているような指を入れるタイプのスポンジかビューティーブレンダー、もしくはブラシで塗るのが良いと思います。
 

 

AM9:30 メイク直後はツヤ&セミマットな仕上がり。

この日はシンガポール2日目です。フライトの疲れでちょっぴり寝坊し、9時頃からメイクスタート。この日はじめてシャネルのル ブラン コンパクト クレームを使ってみることに。
 
写真はシャネルのファンデーションを塗った直後に撮ったものです。今回は、CNP Laboratoryの化粧下地→シャネルのル ブラン コンパクト クレーム→セザンヌのUVクリアフェイスパウダーの順にベースメイクをしています。
 
適度なツヤもありつつ、セミマットな仕上がりになりました。この時点ではツヤ感とカバー力の両方を兼ね備えているバランスの良いファンデーションという印象。マット過ぎないところが◎。触ってみるとさらっとした感じです。
 

chanel-pact-6

伸びが良いので少しの量でも厚塗り感がありません。旅行中で肌荒れしやすく肌の調子があまり良くなかったのですが、隠したい部分も綺麗にカバーしてくれました
 
クッションファンデや固形ファンデの中にはツヤを重視しすぎてテカテカな肌になってしまうものもありますよね。一方、ツヤは出てもカバー力がなかったり、カバー力があっても厚塗り感が出てしまうものもありますが、シャネルのル ブラン コンパクト クレームは、私が欲しい条件を絶妙に兼ね備えています。
 

AM11:30 ツヤ感とカバー力維持。

チョンバル地区のTiong Bahru Bakeryでブランチ。シンガポールは湿気が多いので日中もジメジメしています。この日は晴れていましたが、そこまで暑くはなく汗もあまりかきませんでした。ツヤ感とカバー力は朝と変わらず維持されています。
 
ファンデーションの密着度が高いため、ヨレにくくきちんとカバーしてくれているのかもしれません。

kaeko-tiong-bahru
 

PM14:00 ツヤ感は減少するもカバー力は維持。

ブランチの後は、チョンバル地区を散策。この時点ではツヤ感は減少していますが、ヨレたりメイク崩れは特になし。

chanel-pact-9
 

PM16:00 ツヤ感なくなるもカバー力は維持。

ホテルに一旦戻り、近くのショッピングモールでお買い物。ツヤ感はほぼなくなってしまいましたが、カバー力は変わらず維持できています。肌を触ってみると、乾燥しているということもなく適度に保湿されています。(メイク前にたっぷりと保湿していたのでそのおかげかもしれません。)

 

PM20:00 ディナー後、ツヤ感なくなりカバー力も減少。

服を着替えてディナーへ。ツヤ感はなくなり、朝と比べるとマットな肌質になりました。赤みなどの隠したい部分が出てきてしまっているのが気になりますが、毛穴などはかろうじてカバーしてくれているという感じ。
 
化粧崩れに関しては、汚くヨレてくるというよりも綺麗に崩れている感じです。

chanel-pact-8

 

PM10:00 帰宅時、さすがにカバー力なくなる。

ディナーを終えてホテルに戻って着た頃には、さすがにカバー力もなくなっていました。夕方頃に一度タッチアップするのが良さそうです。

 
 

結果

シャネルのル ブラン コンパクト クレームをお直しなしで一日中つけてみた感想は、
 
・仕上がりはツヤもありつつセミマット
・少しの量でも伸びがよく厚塗り感がない
・コンシーラーなしでも十分なほどカバー力が高い
・ツヤ感はお昼を過ぎてからなくなってくる
・夕方ごろになるとツヤ感はなくなるが、隠したい部分はきちんとカバーできている
・夜は少し乾燥してくるのか、肌質がマットになってくる

 
結果的にマットな質感にはなるものの、ファンデーション自体の密着度が高いためヨレたりなど汚い崩れ方をすることはありませんでした。夏は特に汗や皮脂が出やすい季節のため、さらっとした質感に仕上がるこのファンデーションはぴったりだと思います。冬に使うと少し乾燥気味になってしまうので、春から夏にかけておすすめです!
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUTこの記事をかいた人

Kaeko

Hey Sisterでは、ライティングとイラストを担当。食べることが誰よりも大好き。趣味はアート鑑賞、色んなモノ・コトのリサーチ、ヴィンテージショップ巡り。